カテゴリー別アーカイブ: 7月 名古屋クアトロ/視聴室

2019年7月6日(土)
名古屋クラブ・クアトロ
吾妻光良
& The Swinging Boppers

多少こっぱずかしい気もいたしますが、CDリリース記念、といったサブ・タイトルもつきまして、名古屋クアトロの30周年企画の一員として出演させて頂きます。NagoyaのQuattroの30周年、ということでこの企画、「NQ30」という名前がついているんです。
「俺達の、名古屋での目標はNQ3000だな」
「え、そりゃどういった観点で?」
「ウチアゲで、NぉんでQぅって3000円まで」
まったくもって良く判りませんな。

開場 17:00 開演 18:00
前売:4,000円(+1drink \600)
名古屋クアトロHP

世間では「アルバム発売記念・東名阪ツアー!」みたいな告知を良く見かけますが、我々の場合、大阪の会場がどこも空いてなかったので、透明ツアー、じゃ誰も来てくれないな、東名縦断ツアー、とあいなった今回、まあ名古屋は東京から近いですから、比較的楽な時間に東京を出てこんな感じでいつも通りのリハを行いまして、

さあ、たしなみに行くか、と腰を上げたものの、名古屋クアトロの周りはオシャレな矢場町です。
「おいおい、矢場町ってとこは飲み屋無いのか?」
「それってチョーヤバじゃね?」
とか言いつつ歩き廻るうちに、時間切れとなり楽屋でクアトロさんに頂いた天むすを食べながら、ビールやワインをたしなむ、という地味な本番前を過ごし、そろそろかな、と着替えなどにいそしんでいると、翌日からの本場所を控えているにも関わらず、元敷島・浦風親方が楽屋に陣中見舞いに来てくれました。

うーん、やはりお顔が大きいですな。
そして一曲目で吾妻が客席から出る、という演出でしたので、他のメンバーの演奏中に入口の受付横でスタンバイ。受付の女性の方から

 

 

 

 

 

「うわー!綺麗なギターですね??」
と褒められ、ご機嫌目盛りも急上昇です。

ありがたいことに大入りの客席の中を練り歩いてステージにたどりつきまして、まあ、新アルバム発売以降は「ご機嫌目盛り」が一曲目、ということが多いのですが、これだけやっても振りがどうも合いませんな。

しかし、それにしても大入りのクアトロ、バンド側から冨田さんが客席を撮った写真はこんな感じでした。

良くわからないけど「ボヘミアン・ラプソディー」みたいですね。見たことないですけど。
そんな見に来てくれた皆さんの少しでも近くで演奏したい、と思うのが人情です。この日のアンコールは、客席の階段の途中まで下りて古いブルース”The Moon is Rising”をちょっと歌いました。

そして、30年かかってようやく曲に仕上がったという
「焼肉アンダー・ザ・ムーンライト」

更にありがたいことにもう一曲、というリクエストが寄せられましたのでいつもの「ゴミの日来るまで」

徘徊ショーが出来る環境ではなかったので、フロントに出て生音で吹いてたりしたので「半生ゴミ」といった風情でしょうか。
さて、一旦宿に戻ってから近くの中華「味仙」にて打ち上げ。市内の別小屋でのライヴを終えたトクゾー・ホーンズの小埜ちゃんと岬ちゃんも駆けつけてくれました。ジジイ達、嬉しそうですね。

 

 



 

 

最後は残ったメンバーとクアトロ関係の方々で集合写真。

さて、翌朝、三人ほどは仕事や用事で先に帰りましたが、残り9名。乗れるもんですねー、ジャンボ・タクシー1台で名古屋駅まで行きました。コントラバスを抱える牧さんが若干苦しそうですが。

一泊二?は何とか達成しなければ、と乗車した途端に宴会開宴です。何しろこの日は、前日に一升瓶のワインを頂いているので、はいはいどうぞどうぞ、と一升瓶からコップに注ぐ姿がちょっと恥ずかしかったです。

そして、もう一品、豊橋のYさんから頂いた高級焼酎がありまして、西島さんが「こりゃうまい!」と大変気に入られ、大層おたしなみになられ普段よりもかなりお酔いになられてました。

「ありがとう、ありがとう、それじゃねー」
と、やたらお礼を言ったり握手を求めてきたりで、
「俺は泰介(西島さんの名前)とはつきあい長いけど、
???あんな姿を見たのは初めてだな」
という小田島先輩の証言もありました。まあ、酒を飲んで良い人になるんだから、そう悪い話では無いのかも知れませんが、飲みすぎには気をつけましょう。

danraku

2019年 7月27日(土)神保町試聴室
マジカルコネクション vol.85?

出演/早崎詩生(吾妻光良&スウィンギン・バッパーズ、ローラーコースター)&アンドウケンジロウ(カセットコンロス、ペンペンドンピー)、
? ?石田力、上野誠、Flying??Doctor

恒例の試聴室イベントライブ、アンドウケンジロウさん迎えてのデュオVol2です。
吹きます、弾きます、やめません。
退去して(大挙して、じゃねーの? by 吾妻)?名古屋楽団勢がやってくるようです。だからといって皆、名鉄電車の赤色の服を着ているわけではございません。是非お越しください。

開場/18時 開演/18時30分
料金/予約3000円、当日3500円
? ? ? ? ? (1ドリンク込み、スナック付き)

視聴室 HP