germana-sb のすべての投稿

6/24(土) 札幌ベッシーホール

札幌ステーキハウスの名店、ベガーズ・ハーレム提供

吾妻光良トリオ

吾妻光良(Gt,Vo)、牧 裕(Bass) 岡地 曙裕(Drs)

open 18:00/start 19:00

前売り\4,500 + 1drink/当日\5,000 + 1drink
ベッシーホールHP


さて、ベガーズ・ハーレムのボス、こと近藤さんの企画・運営によってお招きいただいた二年ぶりの札幌、会場は名前は前から知っていましたが、実際に来るのは岡地以外の二人は初めて、というベッシーホール、広さで言うと、そうだなあ・・・、1.5次郎吉ぐらいでしょうか?でも、さながら渋谷クアトロの様に立派なステージがあったりします。

Bessie_1

開演前は狸小路とかいう商店街の外にテーブルが出ている居酒屋で生牡蠣や焼き鳥を食べたり、レモンハイを飲みながら夏前の札幌を満喫しましたが、お店に戻ると結構なお客さんが来ていらして、何か噂によると130名の方々にお越し頂いたそうで、本当にありがたいことです。
Bessie_2

にしては、牧さんと吾妻はスツールのまん中にテーブルを置いてもらってワインなどを置いたりしているのは、何か生意気な印象もあり、感じ悪いですね。

Bessie_3

しかし、久々の札幌なので一生懸命演らせて頂きました。そのせいで放心状態なのか、アンコールの頃には何とも三人の表情がバラバラで統一性に欠けていた様子が見て取れます。悲しそうに譜面を見る牧、汗をぬぐう岡地、どこを見ているのか良くわからない吾妻、ご来場の方々から満場の拍手を頂いているにしてはどうにも生意気に見えます。気をつけたいものですね。そして今回は残念なことが二つ、一つはウチアゲの後に盟友・松竹谷清のお店、バイーアに行ったのですが、明日が早い、ということで既に閉店していたこと、もう一つは先日導入したタイムラプス撮影アプリ、ものの見事に操作に失敗して一枚も写ってなかったこと、でした。また、次回は謙虚な心を忘れずに失礼の無い形でお邪魔したいものです。

danraku

2017年6月18日(日)
渋谷 O-West

吾妻 光良 & The Swinging Boppers

「やついフェス」という、渋谷のいろんな
ライヴハウス何店舗かでまたがって開催
される大きなフェスがあるのです。
ご縁がありまして、そこでワン・ステージ
演らせて頂くこととなりました。

予定出演時間:15:10~15:50

やついフェスさん スケジュール・ページ


さて、良く判らず呼ばれるままにたどり着いたO-Westですが、
「O-Westって俺たち演ったことある?」
「無い無い、やったことあるのは0-Nest!」
「いや、そりゃO-Eastだよ、誰々のパーティーで」
いつもの様に記憶もワチャワチャのまんま楽屋に入っていくと・・・、ああ、ここ来たことある! 本当に人間の記憶はあいまいなものです。

yatui_1

おお!元気か!赤は超膨張色、いつもより太って見えるのが残念ですが、吾妻がこの様に喜んでコーゾーに声をかけているのは、実はコーゾーが病みあがりだからです。突然の体調不良で何と10日間近く入院していて本日が初復帰ライヴ、5日間の絶食という苦行もあり、入院中にメンバーに送られてきたメールは、
「5日間の絶食で早くご飯食べたいです。酎ハイのことを忘れてしまいました。このまま忘れてもいいのか。。」
といつになく気弱な発言で、気になっていましたがとりあえず血色も良くひと安心です。

yatui_2

ライヴしょっぱなはいつもの通り「最後まで」から。声もサックスも病みあがりとは無縁の、いい意味で『いつも通り』のコーゾーさんでした。知りませんでしたが、左端の赤い人も最近は一緒にラップしてくれている様ですな。で、この日は40分一本勝負のステージ、舞台転換なども煩雑なため、アンプは会場のものをお借りしたのですが、やっぱりO-Westというのはロックの小屋なのですかね? いつも大音量で鳴らされているのか、アンプがやたらと歪みまくってしまい、段々ロック!な雰囲気になってきてしまいまして、しかも「フェス」ですから、てやんでえ、こちとらウッドストック世代だ、文句あっか!とばかりに・・・・

yatui_3

最後の曲では足でフレットを踏みつけてGのコードを鳴らしました。まあ、このギルド(もどき)39,900円だからこそできるワザですが、やはり生来のケチのせいか、若干甘踏みしているのが見てとれます。

yatui_4

ということで、40分ステージが終わっても時刻はまだ3時50分、コーゾー君の体調がまだ万全でないこともあり、楽屋でワインを二本空けてこの日は終了~解散。新曲「大人はワイン二本まで」の教えを忠実に守った我々でした。あれ、名取さんと岡地さんはどこへ行ったのでしょうか? 実は余りに早く終わったのでもう先に帰った名取さん、次のライヴに向かった岡地さんなのでありました。

danraku

2017年6月17日(土)
三鷹 バイユーゲイト

吾妻 光良トリオ

吾妻光良(Vo, Gtr) 牧裕(Bass)岡地曙裕(Drs)

遠くの親戚より近くの音楽酒場、な筈が何故か昨年の新年以来すっかりご無沙汰のバイユー、牧さんは地元民ならではのリラックス状態で参戦するものと思われます。ライトニン・ホプキンスが近所の床屋で歌う様なリアルな日常的ライヴが垣間見れるかも。そんなこたねぇかな。

19:00 開場 / 20:00 開演

2,000+ 1 ドリンク

バイユーゲイト・スケジュール・ページ
さて、久々のバイユー。近場ですので、17時頃にのんびりとお店に着いてゆっくりとセッティングでも始めようかな、と思ったら、お店の上田さんがちょっと会わせたい人がいる、というので何事か、と思うとほどなく現れたのがこちらの方。

BAYOU_0

本多さんという方でして、この二人の前に山積みされているファイル、これ何だと思いますか?これ驚くべきことに吾妻がこれまで書き散らかしてきた雑誌の連載とか、レコード評とかそういったものをほとんどすべてコレクションされている(!)そうで、こんなものはもう出版社も、勿論本人も持っていないのですが、この度荷物を整理される、ということでバイユーゲイトなら置いてくれるかな、ということで上田さんのところにご相談に来られたのだとか。で、結局お店に置いていただくことになったそうで、吾妻も今度暇な時にでも行って眺めてみたい様なみたくない様な・・・。何しろ1977年のものから揃っているそうですから、顔から火を噴く様な文章もあるかも知れません。それで宜しければ一度平常営業の時に出かけてみてはいかがでしょうか?本多さん、本当にありがとうございました。


さて、何しろ慣れ親しんだ近場の店、ただ、行って演奏する、というのでは申し分ない、いや、申し訳ない、何か工夫を一つ盛り込みたいな、と思って考えていたら、あ、そうそう、バイユーといえばニューオリンズ音楽だけでなく、よくジャイヴものも沢山かかっていて、Cats & The Fiddleやら、Five Spirits Of Rhythmをあそこで聞くと気持ち良いので、ティプレは持っていないのですが、鉄弦ウクレレのT-Viola、というのを持って行って、なかなか夏を迎える前っぽく涼しげなムードで演らせていただきました。ああ・・・、写真撮ってないんだよなあ・・・、あの、もしT田さん、ウクレレの写っている写真あったら送ってくれたら嬉しいなあ。

bayou_add

あ、凄い、アマゾンかヤマトか、という勢いでT田さんから送られてきました。どうもありがとう、ナマステ~。
なんていうことが良くあるのですが、これはちょっと知人に頼りすぎだ、迷惑をかけっぱなしというのもいかがなものだろう、とちょっと前から思っていて、ついにこの日はこれも新機軸、ライヴ中の撮影を自ら行うことにしました。とはいえ、ライヴ中に自撮り棒、てなわけにも行かずたどりついたのがスマホのアプリで「タイムラプス撮影」が出来るというもの。イメージ的にはBBCとかアニマル・プラネットが良く、動物のドキュメンタリーで使っている様な撮影方法で、何分とか何時間おきに一枚パチリ、と撮るというのを数日間にかけて撮りためてつなげると動物の面白い習性が判ったりするアレですね。あらかじめライヴの合間に10分に一枚ずつ撮る、という設定にして、二部の休憩中に録画をスタートさせました。

BAYOU_1

「何故、岡地さん、しかも演奏していないところが写っているのですか?」
ご質問はごもっともでして、このアプリ、300円払いましたが、どうしても最初の一枚は撮影を開始した時の画になってしまう様です。あ、ちなみにスマホは100円ショップで買った三脚に備え付けてあります。で、ライヴの時の映像はこちら。

BAYOU_2BAYOU_3BAYOU_4

「さすが300円。絵柄がすべて一緒だね。」
いやいやいや、これ良く見ると面白いですよ、右の岡地さんに注目してください。段々シャツが濡れていくのが良くわかります。さすがドキュメンタリー用のアプリだな、と感心しました。

danraku

2017年6月10日(土)
辻堂 “Bistro 辻庵”

吾妻 光良 変型トリオ

吾妻光良(Vo, Gtr), 牧裕(Bass), 早崎詩生(Pf)

ビストロです。辞書だと「小さな仏蘭西料理店」です。
ディナー・ショーではありませんが、10周年ということ
で呼んで頂きました。ワインの杯と料理が嗜まれる
中でのライヴってのも優雅な感じでっすよねー。

ビストロ辻庵のフェイスブック

いや、辻堂、さすがに余りこうご縁の無いところでありまして、到着してしばらくしてお店の方から、「皆さん今日はどちらから?」と尋ねられたので、あ、中央線方面から、と答えると「ひえー、それは遠い!」とおっしゃられていたので、同じ関東とはいえどミニツァーじみた日でありました。
TUJIAN_1

そして、ほら、こんなお店なんですね。まさに落ち着いてご飯を楽しめる様なしつらえでして、こちらとしても服装はイマイチですが、精神的にはディナー・ショー、という感じで演目もいつものモノに加えて、食べ物に関する歌なんかを多めに入れて演らせていただきました。
TUJIAN_2

なかなか、こう普段とは違った空間で大変楽しく演らせていただいたわけですが、そもそも、こちらのお店でライヴをすることになったきっかけは、ホットリバー・レコーズのページにライヴ依頼のメールが来たことで、それ依頼マスターの豊吉さんとはメールだけのやりとりで、お顔も見ていなければ声も聞いていない、いわゆるペンフレンド状態でしたが、ようやくこの日にお会いできたのも感慨深いものがありました。

danraku

6/2(金) 中野ブライトブラウン

ブライトブラウンの月イチ
「プレミアム・フライデー(?)企画」

急遽決定!!服部恭子(Vo)

with 吾妻光良(Gt)、牧裕(Bass)、早崎詩生(Pf)

『人間だって動物だ』『おもて寒いよね』の
ヒット(?)で知られる、初期Swinging Boppers
の座付き女性歌手、服部恭子の帰国公演
fromロサンジェルス!
これは見逃せない!

open 19:30 start 20:00

2,000+ 飲み物/食べ物等オーダー


さて、このプレミアム・フライデー企画、やはり平日なので結構慌しいものでございまして、勤務先を定時、いや定時少し前に飛び出してブライトブラウンに入り、曲順を揃えたり最低限のリハをしたり、きちんと定まっていない箇所を再度譜面上で確認したり、とやっているうちにあっという間に時間は経っていきます。という中にあっても、まあ、自分たちに甘いのは昔からですが、大きな破綻も無く、また二部にはバッパーズのバリトン、三平君もアルトを持って乱入、久々の共演の夜は楽しく更けていきました。しかし、こんな慌しさの中ですので、気がつくと何の写真も確保できておりませんでした。

KYON_BBQ

そんなこんなで、この写真は何なのだ、ということですが、翌日土曜日に吉祥寺の百貨店の屋上のバーベキュー場にて、kyonちゃんと旦那さんのオリバー、吾妻夫妻に牧夫妻、名取夫妻に近夫妻、ピアノの早崎に「福田さんはカッコいい」のジャケットのイラストで知られる久原大河画伯、を加えて昼酒バーベキュー大会を催しました。楽しかったけど酔ったなあ・・・。というわけでもしもライヴの写真など、お持ちの方いらっしゃいましたらお寄せくださると嬉しいです。


さて、その後、ブライトブラウンやKyonちゃんご本人からも写真が届きましたので、若干お見せしましょう。宴会の写真だけじゃあ、何だかな、って感じですもんねー。

KYON_0KYON_1KYON_2KYON_3

Kyonちゃんの後ろは旦那さんのオリバー、右側はお兄さま、一番右側は沿線にお住まいのK安田さん。

danraku

2017年5月27日(土) 渋谷クアトロ

吾妻 光良 & The?Swinging Boppers

ゲスト Leyona

今年もやります、5月のクアトロ!
土曜の夜は歌姫が似合います!

17:00 開場/18:00 開演

前売り¥4,000/当日¥4,500
+ 1ドリンク¥500

QUATRO_2017_01

さて、もう何回目かは忘れましたが、毎年恒例で演らせて頂いている渋谷クアトロ・春のバッパーズ、昨年のゲストは藤井康一氏、その前の年はハードロック歌手の人見元基氏、と男性シンガーが続いていましたが、今回は久々に原点に戻って歌姫を呼ぼう、ということになり、そこはもう即決で昨年久々のアルバム『覚えてらんねえよ』じゃねえな、『忘れちゃうよ』を発表したLeyona嬢を呼ぼう!となりました。歌手としての対応力の高さに加えて、類まれなステージ度胸も併せ持つLeyona嬢ですから、きちんと共演するのは3年ぶりにも関わらず僅か30分強のリハーサルだけで所定の4曲をすべてさらい終わりました。さすがです。さて、この時点で開演まで2時間弱、地方公演では、有無を言わさず外に出るのですが、久々の都内、しかもこの半端な余り時間、どうする、おいどうする、と討議した結果、若干いつもより少な目のメンバーでのたしなみとなりました。

QUATRO_2017_02

さて、この日は実はこれまで使っていた激安中国製ワイヤレス・1万数百円なりを新しい2万4千円のものに買い換えたこともあり、当然オープニングは客席から出る、という形を取りましたが、かなりギュウギュウなお客さんの入りで、決められた時間内にステージにたどりつけるものかどうか、若干吾妻の目が泳いでいる雰囲気が伺えます。

QUATRO_2017_03

そして、この失態はどこか他のクアトロでも演じてしまった様な記憶がありますが、実はステージに上がる動線を完全に読み誤ってしまい、ご覧の様に直前で封鎖線を横切らなければいけない状態にはまってしまいました。捕獲された動物の様でもありますが、上の方に延びている手は封鎖線を臨時解除しようとしているクアトロのスタッフの方々です。ご迷惑かけました。

QUATRO_2017_04

とりあえず、何とかステージにたどりつき、KOZOさんといつも通りの「最後まで楽しもう」が無事始まりました。ちなみにワイヤレスは激安から普通の廉価品に変わりましたが、このギターも中国製の”K-TONE”という激安ブランドもので、取得価格は20,800円でした。いやあ、安い、って本当に嬉しいことですね。

QUATRO_2017_05

そして、歌姫コーナー。この青い花、っていうのかな髪飾りというかコサージュというのか、これは今回のために特別に用意してきてくれたもので、いやあ、華やかだなあ。同じクアトロのステージがこのLeyona嬢一人が加わっただけで、パッ、と花が咲いたかの様に明るくなるのが凄いですね。

QUATRO_2017_06

そしてこちらの写真、いや、西川君、良く頑張ってくれたなぁ、おかげでLeyonaコーナーも無事に終わったよ、さ、さ、飲んでちょ、というわけではございません。実は、今回のライヴ前後で、メンバーのうち二人、西川と三平が還暦を迎えるので、お客様から頂いたシャンパンをアンコールの最後のステージで振舞っているところです。
QUATRO_2017_07

ですので、二人の還暦、というのももう一生に一度のことですんで、折角ですので、吾妻が高校の還暦同窓会用に書いた「還暦行進ロック」をお二人にも一緒に歌って頂きました。この次に還暦を迎えるのは・・・・、そう、9月の岡地さんですかね。

QUATRO_2017_08

終了後、ステージ袖の階段のところで、歌姫もまじえてのフォト・セッション。華やかですねえ。これがどれぐらいLeyona嬢の力に頼っている写真かというと、試して頂きたいのは、手でLeyona嬢だけを隠して眺めてみてください。どうですか?

でっすよねー。

QUATRO_2017_A
QUATRO_2017_09

ウチアゲでの様子。お爺ちゃんたちがどうにもダメダメな中、何か、名取さんが異様なムードを醸し出しています。

渋谷クアトロHPより

danraku

2017年5月20日(土)
高槻ナッシュビル・ウェスト

吾妻 光良トリオ

吾妻光良(Vo, Gtr) 牧裕(Bass)岡地曙裕(Drs)

昨年の2月以来のナッシュビル・ウェストさん
今年はギターを置き忘れない様、気をつけます!

17:30 open/18:30 start

前売 \3,500 / 当日 \4,000 (ドリンク\500 別)

ナッシュビル・ウェストHP
nw2_0

さて、二回目にお邪魔しました高槻のナッシュビル・ウェスト。このお店の凄いのは、壁一面を覆った様に飾られた、いわゆる「ビザール(珍妙な)ギター」の数々。しかもそれらが単なる飾りではなくて、一応どれも弾ける様にメンテナンスされている、というのが驚きです。リハが終わってから3~4台だけではありますが、触らせて頂いて大変楽しい時間を過ごしました。こんなコレクションがあることは最初にお邪魔した時はまるで知らなかったのですが、その時は偶然、吾妻もイタリア製のゴヤ、という所蔵品の中でもかなりビザール度の高いモノを持っていっておりましたので、今回もそうしたテイストの「トゥルートーン」というギターを持っていきました。

nw2_1

このトゥルートーンは、1989年に旅行でダラスに行ったときに、13,000円で購入したものですが、つい最近E-bayで見たら、100,370円!! これは大儲けだっ!と盛り上がったのですが、翌日見たら、70,222円に値下がりしておりました。良く判りません。
リハが終了してから本番までの間は、日本で最も飲み屋さんの密度が高い、という説のある高槻の街へと、地元のトミー井尻さんと彼の楽団メンバーや音楽友達とスイヤーな飲み屋に繰り出して飲んでおりましたら、そこに「どろどろバター」のマサさんも登場。この齢になって若い友人が出来るなんてありがたいことであります。

nw2_2

そして、アンコールは恒例のトルバドール・スタイルですが、滅多にある機会ではありません。壁にかかったギターから一台を選んで弾かせて頂きました。これは往年の日本のエレキ・ブーム時に嵐の様に吹き荒れたグヤトーンというメーカーのものです。何とも味わい深いツラ構えです。更にこの日、以前からの懸案事項であった、小型アンプをどうぶら下げるか、という手法に一定の解決が見られました。肩からかけるとそんなに格好悪くない、ということが判りました。60過ぎたり60近くなったりしても、色々な提案をしてくれる友達もありがたいものです。
nw2_3

さて、最後は全員で記念写真、ちょっとピースサインが変に見えるかも知れませんが、これは写真の解像度が高くなってきたため、指紋データを抜き取られない様に、皆さん、指紋は見せない様にしましょうね!と注意喚起をした結果ですが、左下のお店のK辺さんや、ご近所のN野さんまでにはきちんと伝わってなかった様です。次回から気をつけた方が良いですね。
nw2_4

ウチアゲでは、何とナッシュビル・ウェストの経営ご一族と我々の記念写真。そうか、そういうご家族構成だったのか!と二回目にして初めて判りました。別にショックで頭を抱えているわけではございいません、単なる写真を撮られる時の癖であります。奥様、ワイン、ありがとうございました。

danraku

5/13(土) 森、道、市場

愛知県の蒲郡駅から車で15分、ラグーナビーチというところでの3日間のフェスの中日にお邪魔いたします。

吾妻光良トリオ+1
吾妻光良(Vo,Gt),牧裕(Bass),岡地曙裕(Drs.),早崎詩生(Pf)
何しろ大きな催しですので、下記HPをご参照ください。
森、道、市場HP

5/13(土) 豊橋ハウス・オブ・クレイジー

「クレイジーはお前らだよ!」と言われそうですが、森、道、市場での昼の演奏の後、豊橋のハウス・オブ・クレイジーでライヴです。年寄りの冷や水、とも言われそうですが頑張るしかないっす!

吾妻光良トリオ+1
吾妻光良(Vo,Gt),牧裕(Bass),岡地曙裕(Drs.),早崎詩生(Pf)
7:30pmOpen/8:00pmStart
前売\3,000/当日\3,500 (drink別)
ハウス・オブ・クレイジーHP

「マイノリティー・レポート」というのは映画にもなったフィリップ・K・ディックの短編SFですが、さて、この日の昼間の野外フェス「森・道・市場」と夜の「ハウス・オブ・クレイジー」のダブルヘッダーを乗り切るには体力温存、これしか無い!という経営判断に基づき、この日の我々は「前乗り亭・トリオ+1」として、金曜の夜に豊橋に入りました。バッパーズで「スロータウン映画祭」というフェスに出して頂いたのはもう15年近く前でしょうか、記憶のかなたでありますが、昔からのブルース業界友達のIKさん、スロータウンの時以来お世話になっているY本夫妻と居酒屋での前夜祭。昭和の話題や愛知の話題で声が枯れそうになるぐらい笑い続けて写真を撮るのもすっかり忘れてしまいました。ちなみに懐中電灯を名古屋弁で言うと「キャーチューデントー」になるそうです。

TOYOHASI_1
さて、翌昼には豊橋から「森・道・市場」の会場のある三河大塚駅まで行きますが、電車が出るまで30分はあるので喫茶店で休憩。吾妻がジャケットなのは前日勤務先からまんま来ているため、早崎が立っているのはスマホの使い方が判らず牧さんに教えを請うているためです。

TOYOHASI_2
まったく知人もいない中、ステージの写真などあるわけもなく、40分のステージを終えて、天気が良ければ会場で飲み食いしても楽しいのでしょうが、地面はドロドロ、まだシトシト雨模様、これは早めに豊橋に戻ってホテルで仮眠しよう、ということになり、でも一枚ぐらい写真が無いとね、と撮ったのが上記のフェスといえばこれ、という仮設トイレ前の一枚でした。

TOYOHASI_3
三河大塚でも、また30分ぐらい待ちましたが、なかなか旅情にあふれる良い写真ではないでしょうか。そうでもないですか?でっすよねー。

TOYOHASI_4
そう、そして一時間の仮眠を経て復活した我々の夜の様子ですが、あれ?牧さんがエレベ?そうです、降水確率100%の野外フェスにウッドベースで来るほど無謀な我々ではありません。いやあ、本当にエレベで良かった!と実感した日でありました。エレベではありますが、ハウス・オブ・クレイジーの暖かいお客さん達に支えられ非常に伸び伸びと演奏させて頂きました。

TOYOHASI_5
赤いピアノと

TOYOHASI_6
緑のギター、緑のドラム、とここまではカップ麺みたいで、何かコンセプトがあるのかな、という気もしますが、

TOYOHASI_7
茶色のベース、まで加わると一体何なのか良く判りません。

TOYOHASI_8
恒例のトルバドール・スタイルは今回からしつらえを変えまして、従来はズボンのベルトに下げていたミニ・アンプを首から下げる、という形にしてみました。評価としては、良く聞こえる様にはなったが、余りにもカッコ悪いのではないか、というのが大方の意見で、今後の改善が待たれるところです。

TOYOHASI_9
そしてウチアゲは、スロータウン映画祭の時にもお世話になった記憶にある様な無い様な、素敵なイタリアン・レストラン、しかもピアノ付。ワインとピアノがあると弾いてしまうのは、もう病だから仕方ありません。

TOYOHASI_A
同病相哀れむ方がもう一人加わり、大リクエスト大会で夜は更けていきましたが、何と会場中が一番の大合唱となったのは、レイ・チャールズでもサム・クックでもルイ・アームストロングでもなく、ビッグ・メイシオの「ワリード・ライフ・ブルース」!
いったいどういう土地柄なのでしょうか、豊橋おそるべし、です。

All photos by “hako yamamoto”
Thanx!!

danraku

2017年5月6日(土)
名古屋 地下鉄東山線「池下駅」
BAR ストレガ

早崎詩生(Pf)/石田力(Pf,Vo)

ピアノの早崎が帰郷ライヴ。
旧友とソロです。

18:00開場、20:00開演
Charge 1,500円+飲食代

BAR ストレガ ホームページ

ピアノは多くの人に弾かれ歳を経てお店に馴染むと思っておりますが、アップライトピアノながらストレガさんの空間で良く鳴るピアノを叩いて参りました。
写真は共演石田君とアンコールでの連弾です。

storega_1

おかげさまで満員御礼でした。踊ってもいただき有難うございました。ライブ後お客さんを交えた集合写真です。どこか同窓会の2次会の写真に見えるかもしれませんが、き・・きのせいだと思います。

storega_2
danraku

4/28(金) 中野ブライトブラウン

ブライトブラウンの月イチ
「プレミアム・フライデー(?)企画」

animal_songs

今回はローレゾ・CDコンサート。動物の歌ばかりを集めて
Drinkin’ Hoppys の富山さんと飲みながら紹介していきます。

まだ予約すれば座れますよ!(火曜日情報)

7:00頃 Open/8:00頃Start
チャージ800円(drink別)
ブライトブラウンのスケジュールページ
さて、今回で二回目となるレコード・コンサート、じゃないな、ハイレゾではないCDによる音源コンサート、ドリンキン・ホッピーズの冨山君に手伝ってもらって「動物の歌特集」という内容でお届けしました。
ANIMAL_SONGS_1
写真は楽しそうに談笑している二人ですが、全14曲を歌詞とともにお届けする、というのは言うは易しですが、分量にして全部でパワーポイント159ページ、しかも英語の歌詞がテキストで入手できるものは、せいぜい2~3曲、あとは聴き取るしか無い、しかも何を言ってるのか判らず辞書やネットの情報の洪水の中を泳いで何とか正解に近いものを探してくる、と実に膨大な作業であり、吾妻の直前の一週間は人生の30%はこのパワポ作成に割かれていた、と言っても過言ではありません。富山さんもかなりの労力を割いていたのは想像に難くありません。例として下記の曲などご覧いただきましょう。


膨大な量の歌詞を聞き取り、意味を探り、ということをやっていると色々と面白いことに気づくものでして、今回得られた最大の収穫は
「ストレート・ブルースの動物の歌は松尾芭蕉
だが、ジャンプやジャイヴ、R&Bの動物の
歌は、小林一茶である。」
という理論でして、うーん・・・、わかりませんか。現場では盛り上がったんですがね。

ANIMAL_SONGS_2
これだけの労苦によって成り立つものでありますから、これまたライヴとは異なる終わった後の達成感があります。とはいえ、アンコールはご覧の様に一曲だけ二人で演奏したのもご愛嬌。
次回は7月にまた二人で「食べ物の曲特集」をやろうか、という話になっております。
danraku

4/22(土) 吉祥寺サムタイム

吾妻光良トリオ+1 with 井上さん(Sax)
吾妻光良(Vo/Gt.),早崎詩生(Pf),牧裕(Ba.),岡地曙裕(Drs.)
井上 “JUJU” 博之
入れ替え無し2ステージ 1st-start 19:45/2nd-start 21:30  
LIVE CHARGE 4000円
お店のホームページ

sometime_1
さて、昨年の4月9日以来二回目となる我々トリオ+1の吉祥寺サムタイムでのライヴ、もともと岡地さんの知人のサックス吹き、JUJU井上さんのツテで演らせて頂くことになったお店ですが、前回来た時も我々が普段良く演らせて頂いているライヴハウスとはちょっとムードの違った、何というんでしょうか、「ジャズ風味」な歴史を重ねてきたお店だなあ、という感じがします。我々も「A列車で行こう」や「ムーンライト・セレナーデ」なども取り入れ、ジャズを強く意識してはいたのですが、どうにも見た目的にはジャズ感が薄いです。
sometime_2
そう、これらの写真、撮影者の名前を見てほしいのですが・・・、そう、吉祥寺に住んでいたこともあるバッパーズのトランペットの冨田さんが見にきてくれました。彼も昔から知ってるこの店に我々が出るとどうなるのか、その目で確認したかった、ということでしょう。休憩の時に聞いてみました。
「どう?俺たちジャズって感じ?」
「いやあ、音でかいね。他のバンドの3倍ある。」
でっすよねー。何しろエレキですから。ひょっとするとピアノ・トリオみたいな3人の画ヅラにすれば、もう少しはジャズっぽいのかも知れません。

sometime_3
ダメですね。赤い人が余りに楽しそうすぎます。もう少し眉間にシワとかが無いといただけません。
sometime_4
そして、これもジャズクラブらしからぬ一枚、一体吾妻は牧の何を糾弾しているのでしょうか?今となってはすべては謎のままであります。
sometime_5
そして冨田さん以外にも高校の友人のM吉君とか、いろいろな知り合いが見に来てくれましたが、最後の一枚は先日、ブライト・ブラウンのプレミアム・フライデーでご一緒したカズ遠藤さんに撮っていただきました。カズさんの方が、我々より余程ジャズなんで申し訳無いです。

danraku

2017年4月15日(土) 梅田クアトロ

吾妻 光良 & The Swinging Boppers

梅田クアトロの5周年にお邪魔します。

17:00 開場/18:00 開演

前売り/当日とも¥4,320 + 1ドリンク¥500

梅田クアトロ・HP
UMEDA_QTRO_2
「先日、お願いしておりました五周年記念のコメントはどうなりましたでしょうか?そろそろ締め切りから1週間以上経つのですが・・・。」
というメールがクアトロさんから送られてきて、あ!ヤバい!すっかり失念していた、ということで急遽、牧と吾妻とででっちあげたのが下記の文章。

—————————————-
「難波クアトロが5周年なんやて」
「へえ、さよか、そらめでたいこっちゃなぁ」
「ワシら、出たことあったかいな?」
「なんか、出来よった頃に1回出てるらしいで」
「記憶がさっぱりワヤやなぁ」
「そもそも、梅田クアトロやしな」
—————————————-

おめでとうございます、ありがとうございます、宜しくお願いします、という挨拶コメントに必須な大人の言葉を入れるのをすっかり忘れてしまい、大変に失礼なコメントとなってしまいました。その昔、やはりこういったいろんなバンドからのコメントが載る企画で同様に浮いてしまった時にバンバンの福島君から、
「もう大人なんだからふざけない方がいいですよ」
とたしなめられたことを想い出しました。

UMEDA_QTRO_1
まあ、そんなこんなでリハも順調に終わり、本番前のたしなみは、何でも一品300円、というちょっと大阪風のお店に。この日、別会場でライヴだったタンメン氏もピアノの方と一緒にリハを見にきてくれました。しかし、本当にいつでもどこでも同じ様な写真ですな。
UMEDA_QTRO_3
この日はここ数年のギター稼動スケジュールを吟味した結果、吾妻はチャキのフルアコでの登場ですが、クアトロのk原さんから、あ、フルアコとは珍しいですね、と言われた時には心の中で大きくガッツポーズをとっていました。
UMEDA_QTRO_4
東京からの新幹線の中では、まあ寝ている人間も多いわけですが、還暦過ぎた人間が増えてきたからか、結構年寄りくさい寝顔も見られる様になってきまして、特にコーゾーの寝顔は下唇が大きく突き出ていていかにも「ジジイ」という寝顔でして、ステージでは、それをネタに何回もからかっていたら、復讐のつもりでしょうか?「ゴミの日来るまで」のいつものセリフのところで、喋りの代わりに大きなイビキを出され、笑って歌えなくなってしまいました。
UMEDA_QTRO_5
この日初披露の新曲は「大人はワイン2本まで」というものですが、そんな歌詞の教訓はどこへやら、名取さんの従兄弟のE前さんも含めて、お好み焼き屋さんでのウチアゲの夜は老けて、じゃねえや、更けていきました。
danraku

2017年4月1日(土)
横浜サムズアップ

吾妻 光良トリオ+2

吾妻光良(Vo, Gtr) 牧裕(Bass)岡地曙裕(Drs)
早崎詩生(Pf)

OPEN18:00/START 19:00
前売り \3,500/当日 \4,000
(1DRINK + 1FOOD 以上のオーダーが必要)

これまではLeyona嬢をゲストに迎えることが多かったサムズアップですが、今回は加齢臭満載でお届けします!

thumbs_sales

今ですと、まだまだ席もある様なのでラクに見られる様です。来られる方は早めのご予約を!

サムズアップHP
THUMBS_1-2
さて、特段のゲストも呼ばず、特段の企画も無く、良くある4名でいつも通りのライヴ、というこの日のサムズ・アップでしたが、年度末で業務多忙、というメンバーもいたりした我々にとっては、実に久々の小編成でのギグでありました。いや、空腹は最上のソース、という諺もありますが、活動に飢えていたのか、現場でも楽しかったですし、皆様のご協力で何点か頂いた写真を見ても、妙に楽しそうでありました。
THUMBS_1
何なのでしょうか?赤い人が余りにもピアノを弾きすぎていることに開いた口がふさがらない、ということなのでしょうか? 単に久々に見たから驚いているだけなのでしょうか? 良くは判りません。
THUMBS_1-3
そして、ここサムズ・アップはレストランとしても立派なところでありますが、そういうお店だけあって、ステージ・ドリンクを置くためにこんな感じの素敵なテーブルまで用意されているわけで、おフランス風、とでもいいましょうか、何とも優雅であります。
そして、実はこの日はお店の方から
「あの、お客さまからワインのプレゼントが」
と、恋に陥ちちゃうのかしら、という映画のワン・シーンの様な展開がありました。どなたからか知らないが御礼を言わなければ、とどこに座っているどんな方でしたか?とお店の方に確認したところ、PAスピーカーの前の赤いセーターの方だということが判り・・・・、
「いや、すみません、大層な頂き物を・・・」
と二部の前に申しましたら、いや、そんなプレゼントは身に覚えが無い、という話で、あれれ?

THUMBS_2
その後、判明したところ、同じPAスピーカーと言っても逆サイドの、しかも見知らぬ方ではなく大学時代からの知り合いのAさんからのプレゼントでありました。最後の恒例トルバドール・スタイルの写真で左端に写っておりましたが、一応、個人情報保護の観点からモザイク加工を施してあります。このプレゼント・ワイン、そしてその他の頂き物や、サムズ・アップのゴージャスな料理が登場するさながらおフランス風のウチアゲも、実に楽しい時間でありました。

danraku

2017年3月24日(金)
中野ブライトブラウン

ジャズギター風の夕べ(仮)

吾妻光良(Vo.G)、Kazz遠藤(G)

その昔「遠藤ブラザーズ」名義で超絶ジャズ・
ギター・デュオを繰り広げていた遠藤さんと
吾妻は年賀状友達ですが、折角だからこの
プレミアム・フライデーに何か演ろう、という
ことになりました。先日打合せも終わりまして
インスト/歌モノ含めましてジャズ!な曲から
ジャズ?な曲まで、ぶっつけでお送りします。
しかも、他のメンバーは当日まで未定ではあり
ますが、あのベースの人やピアノの人も来るか
来ないか、何しろ金曜日ですから判りません。
とにかくご期待ください。

19:00 開場/20:00頃 開演
チャージ2,000円+1DRINK 以上

ブライトブラウンの新しいオッシャレー、なページ
KAZ_B_BROWN2
まあこう年度末ということもありますんで、あのベースの人は仕事で欠席となりましたが、真っ赤なピアノの人は参加しまして始まりました”ジャズギター風の夕べ”、久々にお会いしたカズ遠藤さんは往年の兄弟デュオの頃から不変のウェス・モンゴメリー直系のオクターブ奏法を矢継ぎ早に繰り出しまして、満員御礼のブライトブラウンのお客様から、「おおお」というどよめきを浴びておりました。やっぱり正統派は強いですね。
KAZ_B_BROWN1
対する吾妻の方は邪道の極みではありますが、特筆すべきは、このフライデー企画では自分のギターを使わない、何しろ昼の業務がありますんで自分の楽器を持ってこない代わりに、ブライトブラウンから長期に亘ってお借りしているギターで登場している、という点でしょうか。

KAZ_B_BROWN3
この謎めいた銀色のレスポール風ソリッド・ギター、何と店主スーさんが道端で拾ってきたものだそうですが、先日スイッチ交換と裏蓋製作~取り付けを実施してすっかり一流ギターに生まれ変わりました。お店に行く機会のある方は是非ご覧ください。
KAZ_B_BROWN4
最後には超若手のまだ大学生、という大崎源太君やドリンキン・ホッピーズの富山君も交えての大セッション、楽しい夜になりまして、更にアフター・アワーズは、キャッツ&ザ・フィドルを聞きまくる、歌いまくる夜、となってしまいちょっとお店を私物化しすぎたのではないか、という危惧も残りました。いずれにせよ、カズ遠藤さんとは、また別のしつらえでもご一緒したいものです!

danraku

 

2017年3月11日(土)
荻窪ルースター本店

Mardigras in Rooster
BERRY伊藤&DEW DROPPERS

伊藤”Berry”正純(vo.g) 若山光一郎(key)
小町正明(b)伊藤”Barry”雅之(bsax)
岡地曙裕(ds) ?ゲスト:吾妻光良(vo.g)

古くからの友人である伊藤正純さんと岡地さんが
やっているデュー・ドロッパーズに吾妻も参戦します。
元ウシャコダのピアニスト、若山旦那もいますよ!

OPEN 19:00/1st.stage 20:00~/2nd.stage 21:30~22:30
CHARGE : 2,500円

ルースター本店HP
DuDrop_1
吾妻はSNSですとかをたしなまないので、「友達」は決して多くは無いのですがほぼ全員古い友達です。それにしてもこれはまた古い、学生時代からの知り合いで一緒に温泉なんかにも行って遊んでいた「清瀬の爆弾男」(意味不明)と異名をとったソーク伊藤(意味は判るが下劣で言えない)との久々の共演でした。バリトンの伊藤さん以外は全員旧知の仲です。
DuDrop_2
旧知は旧知を呼ぶ、ということで途中、お客さんとして来ていた町田君も乱入します。
DuDrop_3
何しろコンセプトはニューオリンズ、というデュー・ドロッパーズですので、ワイヤレスやお祭りの笛を駆使して、ルースターでマルディグラ・パレードが繰り広げられます。ちょっとマルディグラというにはボリショイですが、まあ気持ちの問題です。
DuDrop_4
更に旧知は旧知を呼び、吾妻の高校の先輩であり、その昔「ジュークジョイント・ブルース・バンド」というカッチョいいバンドを率いていた山室先輩も参戦です。
DuDrop_5
伊藤君の年賀状にあった「大人はワイン二本まで!」という教訓がすっかり気に入ってしまい、バッパーズの新曲が出来てしまいましたが、この日はそのトライアルも出来て有意義な日でした。最後は旧知の皆で記念撮影、それにしても小町さんのこの服はどう見てもステージ衣装というよりは健康ランドですな。あれ?これ普段着かな? 

danraku

2017年3月4日(土)
博多 Gate’s 7

10th Celebration

吾妻光良 & Swinging Boppers

開場 17:30 / 開演 18:30
前売 ¥5,000 /当日 ¥5,500
【別途1ドリンク要¥500・整理番号順入場】

ゲイツ・セヴン ホームページ
GATES_1
「おいどんは生粋の博多生まれでごわす!」
こんなことを口走りながら、初めての博多の街を真昼間にうろついていたのは30代の頃でしたでしょうか、40代の頃でしたでしょうか?もはや誰も覚えていないのですが、色々と証言を積み重ねると何と今回のゲイツ7で博多公演は4回目だと判りました。そんなに来ているのか!先週の渋谷からまだ一週間ですので、リハもあっという間に終わり、よし!街に繰り出そう!と出て来たは良いのですが、屋台などまだ出ているわけもなくお店もことごとく閉まっています。 

GATES_2
そんな中、見つけたのが博多餃子とラーメンのお店で、いや、その他にも明太卵焼きだの、皿うどんだの、酢モツだの博多っぽいものをちょこちょこっ、と飲み食いし、充実したたしなみタイムでありました。思い出しました、思い出しました。
「この酢モツって痛まないらしいよ。」
「へえ、そうなんだ。」
「うん、なかなかスモツがする、っていうらしい。」
こんな駄洒落が最初の来博の時に飛び交っていましたな。

GATES_3
やはりこういう地方公演ですと、ステージの写真などもほとんどなく、唯一あったのがツァーマネの湯川氏が撮ってくれたこの一枚。ゲイツ7というロゴが見えますが、申し訳ありませんが記憶に無く初めて見るロゴに思えます。以前来たのは10年前ぐらいだったらしいですけどね。楽屋には何と、元ボ・ガンボスの永井君が顔を見せてくれたりして、それはそれは懐かしかったのですが、すっかり写真を撮り忘れてしまいました。全然、変ってませんでしたねぇ。
GATES_4
アンコールではいつもの「やっぱり肉を喰おう」を「やっぱりモツを喰おう」と代えてお届けしたこともあり、ウチアゲはこの立派なモツ鍋を中心に天神、というところで深夜一時まで繰り広げられました。今度こそ忘れませんので、また呼んで頂きたいものですが、ゲイツ7さんのHPには、”次回公演は10年後か?”と書かれており、いや、それだと牧さんや吾妻は71歳になっちゃうんで、それより前には是非お邪魔したいですねー。

danraku

?2017年2月25日(土)
渋谷マウントレイニアホール

吾妻 光良 & The?Swinging Boppers

雪にビビって少し遅めにしたのはいいものの、もう新年じゃないじゃん感溢れるバッパーズ的新年会?!2017

open 17:30 /start 18:30
全席指定\5,500 + 1Drink \500

マウントレイニア スケジュールページ
MT_R2017_1
「この年一回のマウントレイニアってのも、何回目になるかなあ?」
「4回目ぐらいじゃねーの?」
てなことをつぶやきつつ集まった我々ですが、何とこれで8回目だというお話。覚えてないなあ・・・・。ちなみに吾妻は年間のライヴには、所有ギター37台の中からその日の催しに一番合ったものを選んで使用しているつもりでして、この日のギターはこの黒いチャキ製のフルアコと、真っ赤なファイアーバードの赤と黒、スタンダール「怒りの葡萄」の様な組み合わせで、これこそ元・映画館というこの会場ピッタリのセレクトだ!と思ったわけですが、手帳を見返すと二年前にまったく同じ組み合わせでこのホールに登場していたという証跡が見つかり、そりゃ8回演ったことも覚えている筈がありません。でもやはり、ホールとしては何かこう格調がありまして、龍ちゃんの横からの写真もバッチグーです。

MT_R2017_2
楽屋は本当にもういつも通り、ではありますが、一つだけ特筆すべき点があるとすれば、メンバー全員がこうして一枚の写真に収まっている、というところでしょうか。
MT_R2017_3
大きな会場ですと、楽屋も何部屋かあったりするので、一堂に会している写真はそう無いのですが、マウントレイニアは楽屋がほぼ一部屋、「狭いながらも楽しい我が家」的な一枚であります。その楽屋には色々な方が尋ねてこられるわけですが・・・・。
MT_R2017_4
「おお!大きくなったな!」
と親戚のおいっ子に話しているわけではありません。バンバンバザールの初期メンバー、バンジョーの安達君と久々の再会です。金沢に住み働いている安達君ですが、地の利もあって、最近は富山に住んでるW.C.カラスさんと一緒に演ったりもしているそう。

MT_R2017_5
折角なので安達君の帽子を吾妻が借りての記念撮影。還暦を越えたコーゾーさんの見切れぶりがさすがの年輪を感じさせます。
MT_R2017_6b
そして終演後は吾妻の中学/高校同級生達との記念撮影。遥か後方のコーゾーさんの見切れはもはや「芸」に近い領域です。還暦同期会にて全員で合唱した「還暦行進ロック」もアンコールの一曲目に無事お届けすることが出来ました。次にこの曲を演るのは、誰かが還暦になった時でしょう。6月に三平、だったかな??

danraku

2017年2月18日(土)
大阪・塚本ハウリンバー
吾妻 光良トリオ

ゲストに旧友・福嶋岩雄(Vo)

& スティービー和田(Sax)、井山あきのり(Pf)

オープニングアクト:マサ・タケダ

吾妻光良(g,vo)、牧裕(b)、岡地曙裕(dr)

ライヴチャージ 前売3000円/当日3500円

ハウリンバーHP

「今回のハウリンって、開店何周年とかだったっけ?」
「そうそう、確か開店15周年じゃね?」
「いや、確かハンパなんだよ、17周年とかの。」
そんな会話をしながら、たどりついた大阪・塚本のハウリンバー、
いや、マスターのツルさんに聞いたら
「ああ、今回は20周年ですわ。15周年も出てくれました。」
人間の記憶はあいまいなものですが、でも前回は店内に
こんな提灯は下がってなかった様な・・・。

HB20th_1
ハウリンで演る時は大概一緒に演っている旧友のタンメン
を含めてのリハ風景ですが、右側にいらっしゃるのは今回
サポート・メンバーで参加してくれた、スティービー和田
さん(Sax)と井山あきのりさんです。 

HB20th_2
「スティービーさんって、何でスティービーなんですか?」
「そりゃあ、その・・・、スティービー・ワンダー・・・」
うわあ!くだらねえ!とのけぞってしまいましたが、京都
の日本海側には”舞鶴ディヴィス”というトランペット吹き
もいるらしいです。何しろ昔は”ジョニー・ギター岩田さん”
というギタリスト/シンガーもいたらしいですからね。樟葉
からは、ジャンプバンドをやっている井尻さんも見にきて
くれましたが、トミー・リジリー、という歌手がニューオリ
ンズにいるので、「君は今日からトミー井尻だ」ということ
になってしまいました。 

HB20th_3
ライヴの最後は、全員+オープニング・アクトを務めてくれた
マサさんも入り全員でジョー・ターナーの”Flip Flop & Fly”
ジャンプ&ジャイヴな夜は更けていきましたとさ。
マサさんの「どろどろバター」という歌も面白かったです。 

danraku

2017年1月27日(金)
中野ブライトブラウン
吾妻 光良トリオ+2

何と、米国南部料理と古いR&Bを金曜の夜に楽しんで頂くという企画の第一弾!
『サウザン・サパー・ナイト』

吾妻光良(g,vo)、牧裕(b)、岡地曙裕(dr)
早崎詩生(p)、湯川治往(perc)
料理はナマズのフライ、カラードグリーン、
トウモロコシパン
open 19:00 / start 20:00

料理付 \3700+drink order
立ち見 \1900+drink order

海外では結構催されているという食べ物付きのライヴですが、日本では、それも中央線沿線のブルース・バーでは極めて珍しい催しとなりました。いやあ、ブライトブラウンのミキさんの準備はさぞかし大変だったでしょう!
green&chili
こちらのナベ、手前は「カラード・グリーン」とか「グリーン」と呼ばれるソウルフードでして、手軽に再現するにはカブの葉をベーコンと一緒にクッタクッタにスパイスと煮れば何かそれらしくなるのですが、今回はケールが使われました。右奥は定番メニューのチリコンカンですね。
catfish
そしてこちらは、おおお!これぞソウルフード、本物のナマズのフライです。ベトナム産のナマズを取り寄せたそうですが、あっさりした白身魚で実に美味でありました。
dishes
一人ずつこんな感じで盛り付けられて、ライヴの一部と二部の間にサーブされたわけですが、いやあ『ご飯屋さんは大変だなあ!』というのがお店/出演者/友人に共通した感想でした。しばらくサパー・パーティーはもう良いかな、という気もしますが、喉元過ぎるとまたやりたくなったりするかも知れませんね。ちなみに吾妻、早崎の二名はしっかり二人前分、完食致しました。太るわけです。

danraku

2017年1月21日(土) 名古屋ブルーノート

吾妻 光良 & The?Swinging Boppers

“37年みゃあから続いとる東京の
ジャンプ・ブルース・バンドだがや。”

ミュージックチャージ :¥6,000

メンバーズ会員優待価格:¥5,700

名古屋ブルーノートのHP
さて、2017年最初のライヴは名古屋のブルーノート。実はこれまでとはひと味違う公演であります。その心は「コーゾーさん還暦突破記念」の公演である、ということですね。個人情報が含まれていますので、詳しくは言えませんが、これでメンバー13名のうち6名近くが還暦越え、ということになりますか。
NGYA_BN_1
実はまったくプライベートなものではありますが、年明けまだ間もない時点で『渡辺康蔵還暦記念パーティー』なるものが催されて我々バッパーズもフル・メンバーで参加して飲み弾き歌いまくる、ということをやったわけですが、そんなコーゾーさんが名古屋で還暦ライヴということで、ご友人の各界そしてDJ業界でも活躍されているS島親方からチャーシューの差し入れが!
NGYA_BN_3
何故チャーシューなのかは判りませんが、美味しゅうございました。しかし何しろ稀勢の里関が横綱になるかならないか、の場所中ですのでS島親方自らブルーノートに来れるわけも無く、左の女性が頼まれて楽屋に持ってきて頂きました。ありがとうございます。
NGYA_BN_2
モノを食べている写真ばかりで申し訳ありませんが、これから休憩と食事、という直前の「いただきます」、転じて「ナマステー」という風景です。そしてこの日の公演は新曲の「でっすよねー」、そして吾妻が高校の同期会用に書いた「還暦行進ロック」などもまじえた演目になりましたが、今後も積極的に取り上げそうな予感もいたします。

danraku

過去の公演 <2016・後半>

12/24(土)代々木上原 ムジカーザ

 上原落語会 

吾妻光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)

メインの噺家さんは、三遊亭 萬橘さん

異例ではありますが、代々木上原で定期開催されている
落語会のゲストということで吾妻と牧、二名でお邪魔します。

【開場/開演】16:30/17:00
【木戸銭】前売 \3800 /当日 \4000

上原落語会様のHP
rakugo_1
さて、今年最後のライヴは何と落語会のゲスト、ということですが、こんなに気取らない服装で演ったわけではありませんよ。これはあくまでリハーサル風景です。この代々木上原の会場は普段はクラシックとかの小編成を中心とした催しをされているということで、なかなか響きが気持ち良いですね。
rakugo_4
で、本番はこんな感じ。右側の演目題字と後ろの赤い布が何とも落語っぽい雰囲気をかもし出してます。で、君らはどういうつもりの服装なんだ、と聞かれそうですが、まあ、牧さんはいつも通り。吾妻の方は和風ながらもクリスマス、というつもりで赤いジャズシャツに、緑のギターストラップひもで、クリスマスを演出したのですが、結果はいまいち、というものです。さて、折角落語会に呼ばれたので一曲目はスリム・ゲイラードの”Laughing in Rhythm”から入りました。

「アッハッハッハッハッハ アッハッハッハッハッハ笑いのツボ」
という訳詩は初期バンバンバザール・メンバーの安達君のペンによるものだったと思いますが、いや、そう簡単にはウケないものであります。

rakugo_3しかしまあ何とか格好はつきまして本編は無事終了、現場のPAは本職の方ではなくて近所のデザイナーの方にやって頂いたということで、ありがとうございました。

rakugo_2
マンキツさんとのウチアゲは素敵な上原のイタリア屋、に加えて何故か素敵な電子ピアノが置いてあり、つい吾妻はそれに引き寄せられる様に飲みながら弾いてしまい、案の定記憶がなくなりました。
rakugo_5
まあ、今年も色々とやってきましたが、おつきあいいただいた皆様、ありがとうございました。ナマステー!!

danraku

12/23(祝・金) 中野ブライト・ブラウン

小出 斉(Gt,Vo)、吾妻光良(Gt,Vo)

雑誌:ギターマガジン主催
「意味も知らずにブルースを歌うな!」
出版記念イベント

【小出斉×吾妻光良トーク&ライブ】

限定40名 ?open 19:00 / start 19:30 ? \2,000

koide_newbook

小出先生と吾妻とは学生サークル時代からの
かれこれ40年来の知り合いです。二人が大学
のサークルで過ごしていた頃の日本は、
『ブルースを聴かないヤツは人間ではない』、と
いう時代でした。
まだ、情報も乏しい時代に学食で、友人の下宿
で、なじみの喫茶店で、歌詞を聞き取ったり、
意味を調べたり、笑ったり泣いたりしながら、
日々過ごしておりました。この貴重な小出さん
の近著はその頃のシーンと切っても切り離せ
ないものでありますが、発売にちなんだこの
イベントはそんな学生時代の再来となるので
しょうか?それとも????
ちなみにブライト・ブラウンは最近リニューアル
されて、ご飯も食べられますよ!

ブライト・ブラウンのHP
koide_book_0
さて、何しろ小出さんの出版記念ですから会場にはこんな感じでプロジェクターが既にしつらえられていて、本の即売も行われていました。通常より安く販売する、とリットー・ミュージックさんも小粋なことをやられるものだ、と思ったら、普通は1620円のところがこの日だけは特別価格で1600円・・・。ま、世の中色々と厳しいですからね。でも、凄いですよ、もう既にこの本、重版だそうであります。その昔、文筆業を始めた頃の小出さんの「一文字五円を稼ぐ男」というキャッチフレーズから考えると隔世の感があります。直木賞とか取っちゃったらどうしましょう?
koide_book_1
本編ではこんな感じで、プロジェクターに歌詞を写しながら、曲が始まる前に歌詞の話などをしながら進めていったわけですね。
koide_book_2
この日は小出さんからのリクエストもあり、吾妻は本にも掲載されていた曲、エルモア・ジェイムズの「ダスト・マイ・ブルーム」も歌わせて頂きました。確かに高3から浪人を経て大学一年の頃まで、日々エルモアばかり聞いたり弾いたりしていましたのでもう、懐かしさ満載であります。小出君と二人でこの曲を弾いていると、もう気分は1976年~80年の大学サークルの部室に舞い戻ってしまいます。ギターもエルモアを意識した、近所の質屋で買った800円のフォークギターでお届けしてみました。
koide_book_3
しかし、単なる作家さんではなく、当然ギター・プレイヤーでもある小出さん、最後はルースターでおなじみの「大回転客席練り歩き奏法」でしめくくって頂きました。
koide_book_4
ですので、私も負けじとトルバドール・スタイルで客席に出て行きましたが、何しろフォークギターだから出て行くのが楽なことこの上ありません。まあ、これが正調トルバドール・スタイルなんでしょうな。
koide_book_5
そして終演後はやはり学生の頃の仲間でNG’Sというバンドやデュー・ドロッパーズ、というバンドをやっておられるソーク伊藤さんもまじえて学生気分で記念撮影。そういや、この三人で一時コーラス・バンドを組んで、阿佐ヶ谷のギャングスターで演ってたこともありました。声質からして一切ハモらない三人、というのが記憶に残っております。
danraku

12/17(土) 神保町視聴室

マジカルコネクションvol.58~wonderful christmas time

出演者:石田力、早崎詩生、富山優子、   カルアミルク

早崎が高校の同窓生(石田力さん)に誘われて、 ソロピアノを弾くことになりました。

【開場/開演】18:00/18:30
【チャージ】前売 \3000 /当日 \3500(1ドリンク・ スナック付)

お店のHP

さて、いまさら昨年の話をすると鬼も泣き出しそうですが、ほぼ2ヶ月遅れで「真っ赤なピアノ弾き」から当日のレポートが送られて来ましたので、折角ですので掲載いたしましょう。(楽団の上司)
shio_solo_1

いつもの赤い格好で弾いてまいりました。マイクがたっておりますが歌うことはバンド上司より禁止されており決して歌っておりません。

shio_solo_2

御自作の「おんがくのかみさま」という美しい歌を歌われた共演者、
ピアニスト富山優子さんと楽屋での記念撮影。
(なんじゃあっ、こりゃあっ!)

shio_solo_3

共演者全員(石田力さん、富山優子さん、カルアミルクさんらと)での合奏。ピアノを弾いているのが高校の同窓の石田君です。黒帽と赤帽は高校の制服ではありません。トナカイさんも混じって歌ってますが恐らく先程のピアニスト富山優子さんではないかと推察されます。あくまでノリで本当は清楚な方でしたので先程の写真と併せて誤解なきようにお願いします。

danraku

12/10(土)名古屋 アランプーサン

吾妻光良トリオ

今年で創立15周年!のアランプーサンの記念イベント月間にお邪魔いたします。

吾妻 光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)
岡地 曙裕(Drum)

【開場/開演】19:00/20:00
【チャージ】前売 \3500 /当日 \4000

アランプーサンさんのHP

ap3_15th_1
「コノミヤ」とは何か、と問われれば、それは15周年を迎えたアラン・プーサンから僅か徒歩3分の巨大スーパーなのですが、何故我々とマスターの斉藤さんがここにいるのか?それはどうしてもコピーしたい譜面が一枚あった、というのが一つ、もう一つは、天候を読み違えてジャンパーの下に半そで一枚しか着てこなかった岡地さんが余りの寒さにたまらず長袖シャツを買いに来た、ということなのです。

ap3_15th_2
こんな具合に無事、長袖シャツを格安でゲットした岡地さん。さて、15周年ということもありまして、実に多くのお客さんにいらしていただき、ありがたいことこの上ありません。吾妻はクリスマスということもあり、赤いシャツに緑のネクタイですが、まあ遠いと良く判らないものですね。
ap3_15th_3
ap3_15th_4
そして終盤は再び、トルバドール・スタイル。やはり2016年はトルバドールに始まりトルバドールに終わる、そんな年でしたでしょうか。
lonnie_johnson
遥か昔にこんなスタイルで酒場の中を練り歩きながら弾き歌っていたロニー・ジョンソンさん達に感謝感謝、であります。
ap3_15th_5
終演後は楽しくウチアゲ、ですが、吾妻は根がスクエアですので、マスターの横でしきりに時間を気にしております。あれ?そう言えば岡地さん、長袖はどうしたの?とお思いの方も多いのでは無いでしょうか。ですよねー。実は岡地さん、慌てて購入したら長袖ではなくて半袖3枚のパックでした。暖かいけど袖が寒い、と言いながら暮らしていた岡地さんはいつに無くパツンパツン感満載でした。

danraku

12/3(土)湯島 Fabulous guitars

吾妻光良トリオ

こ、これは危ない!ライヴを見ながら飲めるお店なのだけど、横では中古の楽器が売られている!酔って気が大きくなる人は予期せぬ散財をしてしまうかも・・・・!

吾妻 光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)
岡地 曙裕(Drum)

【開場/開演】19:00/19:30
【チャージ】前売\2,500/当日\2,800 +1ドリンク

Fabulous guitarsさんのHP
楽器屋さんであり、飲み屋さんであり、なおかつライヴハウスでもある、という、両生類なのか哺乳類なのか鳥なのか良く判らない「カモノハシ」の様な不思議なお店、ファビュラス・ギターズさん。演奏するのは今回が初めてですが、余りに興味をそそられて吾妻は仕事関係で仲の良い楽器マニアズ達と一回飲みに訪れたことがあります。余談ですが、その仲間では最年長の先輩Kさんは、その昔弦を買いに行ったらついギターを買ってしまった、というツワモノです。 
fabulousg_2
実は飲み屋営業の時にも500円を払うと、アンプを通してギターが弾けるんですね。但し、弾けるのはこの写真の右側のちょっと斜めになっている分だけで、左側の真正面を向いているものは弾けません。何だ、ケチくさいな、ということではありません。売り物なんですから。レアな年代のB.C.リッチとかに赤ワインがかかってしまったり、鳥カラの脂がついてしまった日にゃあ目も当てられません。 
fabulousg4
まあ、当然ギターマニアの方も多数いらっしゃるかと思い、吾妻のこの日のギターは、とても珍しいレスポール・レコーディングの白。これはねえ、余りにもツマミが多すぎて、咄嗟に音が変えられない、というのが弱点です。あと大変重い!4.5kg あります。吾妻の持ってるギターの中で一番軽いのは500gですから、それを9台ぶら下げて弾いてると思ってください。え?思えない?でっすよねー。

fabulousg_6
しかし我々、休憩時間にはまるでこのレスポール・レコーディングの様なお店に行ってたしなんでおりました。我々の後ろにいるのは、右側が今度の24日に上原落語会という催しでご一緒する噺家の三遊亭萬橘(マンキツ)さん、左側はドリンキン・ホッピーズの富山君であります。え?「レスポール・レコーディングの様なお店」が判らない?ツマミが多いんですな。おアトがよろしい様で。 
fabulousg5
そして最後はいつものトルバドール・スタイルですが、この日はお店のギターを一本弾かせていただくことに。そうだなあ、ここはレスポールつながりで、このレスポール・ジュニア風のやつにしよう!と選んだところ、何故かストラップがついていました。不思議だなあ。多くのギター好きの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

danraku

11月26日(土) 広島クラブクアトロ
吾妻 光良?& The ?Swingin Boppers
guest vocal:二階堂和美
guest:バンバンバザール

広島クアトロの15周年を二階堂さんとバンバンで祝います。

【開場/開演】17:00/18:00
【前売/当日】\4000 / \4500(ドリンク別)

広島クアトロのHP

広島ですからね、それは遠いですよ。新幹線で4時間弱、東京駅の銀の鈴に7:40集合です。大半のメンバーは5時とか6時とかに起きるわけで、まあ年寄りですからそれ自体はそんなにツラくは無いのですが、逆に年寄りですから長い移動の間に眠ることもかなわず、疲労が蓄積されていきます。更にこの日は二階堂さんとバンバンというダブルゲストで普段やり慣れてない曲が出来るのかどうなのか、そして更にトランペットの冨田が急に腰痛で来られなくなってしまい、急遽キヨシローさんとかと一緒にやっていた渡辺たかおさんにピンチ・ヒッターをお願いしたりもして、不安満載の往路でありました。

hirosima_1
そんなわけですから写真を撮る余裕もなく、気がつくといきなりこんな和やかな楽屋写真。やはり女性ゲストがいると場が華やぎますね。この表情はリハがうまく行って余裕が出て来た本番前、という写真だと思われます。二階堂さんとの共演は、実は小編成で南会津の大宴会以来二回目です。前回は”Lover’s Rock”という、とてもしっとりした曲をご一緒しました。そりゃそうですよ、ジブリの主題歌を歌われているぐらいですから。そんな方とBoppersって良いのか、アリなのか、という疑問はあったのですが、実はニカさん、大変不思議な二面性をお持ちの方で、フルバンドで歌う時ははっちゃけ気味というか、気取らない感じの演目が多くあたかも「女キャブ・キャロウェイ」、こちらも遠慮せずに共演させていただきました。

hirosima_
そして終演後、どこかで見た青年が・・・、あ!昔、所沢の野外コンサートなんかでお世話になった、元銀杏ボーイズの中村君!今は、四国の方で、オリーブ農園をやっておられる、という話で、あ、それじゃ銀杏ボーイズじゃなくて、オリーヴ・ファミリーだね、という様な微笑ましい写真となりました。ところでバンバンの写真が一枚も無くて申し訳ありませんが、決して仲悪いわけではございません。たまたま写すタイミングを逸しただけですので。ただ、一つだけ気がかりなのは、今から30年近く前に初めて吾妻が吉祥寺で彼らの路上演奏を見た時に感激して一万円だか五千円を払った筈なのに、福島君は最近いたるところで「それは千円でした」と主張していることです。まあ、バンド的にはある種、迷惑かつ不名誉な噂話ではありますが、目クヂラ立てることなく、歴史が真実を明らかにしてくれる時を待つとしましょう。

danraku

11/12(土) 樟葉 Shing Hall
吾妻光良トリオ

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Dr)
and ??井尻昌孝&The Loose Hepcats

大阪は枚方(ヒラカタ)市の樟葉(クズハ)にあるシャイング・ホールさんにお邪魔いたします。
オープニングアクトは地元の井尻さん達の楽団です。

【開場/開演】17:30/18:30
【前売/当日】\3500 / \4000(+1ドリンク)

ホールのホームページ

さてクズハ、と言う読み方も判らなかった樟葉での初ライヴ、これは実は地元のバンド、井尻さん達の熱心なお誘いで実現したイベントでありました。そう考えると3人でのライヴも久しぶりだよなあ、にしてもトランプが大統領だとはなあ、あ、お前、850円以上の弁当買うとお茶がタダになる券使う?とか、近鉄っちゅうのは初めて乗りますなあ、などと話しているうちにあっという間に現地に到着。リハ終了後は全品300円の素敵な居酒屋で過ごし、オープニング・アクトの井尻さん達のLoose Hepcatsのステージを見てみると、何と3曲全部Boppersのレパートリー!いやあ、恥ずかしいものですね。まあ、我々も小編成ではBoppersの演目は一切やりませんので、のびのびといつも通り演らせていただきましたが。
kuzuha_1

そして、アンコールではLoose Hepcatsさん全員と一緒に、Boppersの曲、じゃねえや、ジョー・リギンスの”Loosiana”という曲を意訳した「高田馬場」を一緒に演りました。ベースの方とドラムの方はただ横に立っているわけではなくて、途中でベースとドラムを交替していただきました。
kuzuha_2
更にアンコールのアンコールは最近流行りのトルバドール・スタイルで客席を練り歩きました。いつもと一つだけ違う点としましては、岡地君がシンバルを持って一緒に練り歩いています。これにはもう一つワケがありまして、歌詞が覚えられないので岡地君に歌詞カードを持っててもらった、ということですね。まだまだ色々な試していない施策があるものです。
kuzuha_3
そして終演後、ウチアゲ前は楽屋で全員で記念写真。いやあ、本当にお世話になりました。また近々共演したいものです。
kuzuha_4

danraku

10月22日(土) 吾妻 光良
& The ?Swinging Boppers

10月23日(日) 吾妻光良トリオ+2

Peter Barakan’s ?LIVE MAGIC という恵比寿ガーデンプレースでのイベントに二日間お邪魔いたします!

LIVE MAGIC さんのHP
さて、初めて出演させて頂くピーター・バラカンさんのライヴ・マジック、サニー・ランドレスさんとか、ジャック・ブロートベントさんなどの外タレさん、濱口さんに高田蓮さんにReiさん、と迎え撃つ日本勢、見てみたいステージは多々あるのですが、我々の出番は一番ケツで、しかも譜面台やらウッドベースといった装置の運搬という宿命も抱えており、現地入りしたのは16時、何となく慌しい中、いつもと変わらぬ楽屋飲みに突入しました。良く見ると牧さんは左側の他人様のテーブルで飲んでいるではないですか。あれ?誰と談笑しているのだろう、と良く目をこらすと、そうバンバンの福島君ですね。楽屋が同じでしたので、一緒に飲んでいたのです。あ、福島君は酒は飲みませんがね。
lm_1
で、今回のライヴ・マジック、スライド・ギターを弾く方が多いので、吾妻もここはひとつ、とスチール・ギターで登場させていただきました。毎年夏の間だけしか練習しないので、全然うまくならないのですが、折角ですので投入いたしました。前よりはちょっとはマシになったかな?ちなみにこのスチール、もとはといえばテナーの西川氏の兄上の所有物だったのです。
lm_2

そして、こちらの写真、何かいつもよりロックっぽい(?)ですかね?たまに他のジャンルの方々とご一緒するのも刺激になって良いのかもしれません。
lm_3

で、この日は翌日もあるので、ウチアゲは無しで楽屋飲みだけで終了しましたが、飲み足りない岡地氏はバンバンの黒川君と一緒に焼きとん屋へ(福島君は高校の同窓会のため早退)西島さんとコーゾーさんは「こんなハンパな飲み方じゃ帰れない!」とコンビニで酒を買おうと画策したものの、ガーデンプレイスのファミマには酒が売られていないため、苦慮していた、という目撃例も報告されています。

———————————————

さて、翌日はもはや出勤か?というぐらい早い午前10時に現場入りです。それもこれも翌日の仕事に差し障りがあるのは困るしなるべく早めの時間帯で・・・・、と自分たちでお願いしていたので自業自得であります。リハが終わって本番まで3時間弱、いくら何でもすぐに飲み始めると酔いが回りすぎてしまうので、オッシャレー、なガーデンプレイスでお買い物。といっても酒とツマミを買うだけですが・・・・。で、楽屋に戻るとバンバンのベースの黒川君が昨日会場に預けて帰ったウッドベースを取りに来ており、別場所で発見した福島君も交え談笑飲み会に突入。

lm5

なかなか色々な方々の悪口や褒めちぎりも出て楽しいお昼を過ごしました。ライヴの方はこんな感じでアフリカ~カリブ・ムードで楽しく過ごすことが出来ました。サニー・ランドレスもジャック・ブロードベントも結果、見ることは出来ず残念でしたが、それなりに楽しい二日間を過ごすことが出来ました。ありがたいことです。
lm_4

danraku

10/8(土) 高円寺 Jirokichi
吾妻光良トリオ+2
with 福嶋”タンメン”岩雄

TANMEN_TRIO+1

1973年に結成された「ファッツ・ボトル・ブルースバンド」で歌手としてのデビューを果たし、その後ミッドナイターズ、
Mr.T&ロッキンツイスターズ、などで日本のジャンプ界の草分けとしてスタンダップ・シンギングを繰り広げてきた、「タンメン」こと福嶋岩雄氏の久々の来日、いや、来京公演を我々トリオ+2でサポートさせていただきます!

吾妻 光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)
岡地 曙裕(Drum)、早崎 詩生(Apf)、湯川冶往(Perc)

【開場/開演】18:30/19:30
【前売/当日】\3500 / \3800(+1ドリンク)

実はここ数年、いやもう何だかんだ10年ぐらいにはなるのかな、我々が小編成で関西に行く度に「空いてたら歌いに来てよ」という感じでタンメン氏をゲストに呼んできました。ですので、演目も何回か演ったものばかりですが、何故か一部にイントロで入れなかったり、ブレイクが判らなかったり、エンディングが合わなかったり、というベースの方とパーカッションの方が見受けられました。

tanmen_jiro_1

これはどうしたことか、と申しますと、吾妻、岡地、早崎、そしてタンメン氏は生粋のブルース育ち。そうです、70年代中頃から80年代前半にかけ『ブルースを聴かないヤツは人間ではない』という時代に青春を過ごしてきたため、タンメン氏がこの日歌った曲のほとんどを何十回も、百何回も、ことによると何百回も聴いてきているので、難なく伴奏できるのですが、ベースさんとパーカッションさんはそうではありません。

tanmen_jiro_2

「おい、何でこのイントロで入れないんだよ?」
「そんな変な入り方、わかんねぇよ!」
「おっかしいなあ・・・、これ聴いたこと無い?」
「無い無い無い! 生まれて初めて聴く!」
似た様な時期に青春時代を過ごしていても境遇は違うものです。まあ言ってみれば『海水魚』と『淡水魚』みたいなもんなんだろう、と一件落着しました。
しかし油断禁物、こんな曲は演り慣れてるもーん、とばかりに堂々と演奏していたギターの方はとても海の生き物とは思えない様な凄惨なミスを繰り広げていました。そして、アンコールでは、昔のブルース・クラブで時折見られた「トルバドール・スタイル」とも呼ばれる吟遊詩人スタイル、客席を練り歩きながら歌ったり弾いたりする、という演出で大団円となりました。日本一のブルース・シャウター、タンメン氏、またの来京公演期待したいですね。

tanmen_jiro_3

danraku

9/17(土) ?会津若松 風街亭
吾妻 光良 トリオ+1

昨年に続き、大宴会の前日に会津若松のこちらのお店に
ご厄介になります。

吾妻 光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)
岡地 曙裕(Drum)、早崎 詩生(Apf)

【開場/開演】19:00/19:30
【前売/当日】\3000 / \3500(+1ドリンク500円)

我々が前回大変お世話になった、マスカッツというバンドでドラムを叩いていた会津の遠藤典宏さんが先日急逝されました。遠藤さんの音楽に対する熱意に敬意を表するとともに心よりご冥福をお祈りいたします。

9/18(日) 南会津・大宴会
吾妻光良トリオ+1

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr)、早崎誌生(Pf)

もう2012年以来、5回目となる高齢、は俺たちか、
恒例、夏の終わりの大宴会。今年も楽しみです!

大宴会2016のホームページ

さてさて、我々には珍しい二泊三日の東北縦断ツァー、本当に色々な方々にお世話になりましたし、急逝されたマスカッツの遠藤さんにお線香をあげることも出来ました。ありがとうございました。しかし、さすがに二日連続のツァーに慣れていない我々ですので、大宴会の翌日の朝のお宿ではこんなに腫れぼったい表情でありました。

aizu_1

しかし、朝の記念撮影も終えて、東海林さん、五十嵐さん、といったいつものスタッフに挨拶を終えて、会津山村道場の駅に行くと、台風前で雨模様ではあるものの、もう秋がすぐそこに来ている会津の無人駅で、ゆったりと電車を待つ初老(?)の我々なのでありました。

aizu_2

danraku9/3(土) 町田 まほろ座
吾妻 光良 トリオ+1

町田駅前にあるライヴ・レストラン「まほろ座」さんの一周年記念月間にお邪魔致します。

吾妻 光良(Gt,Vo)、牧 裕(WoodBass)
岡地 曙裕(Drum)、早崎 詩生(Apf)

【開場/開演】18:00/19:00
【前売/当日】\3000 / \3500(2オーダー別途)
【座席形態】全席自由 (整理番号順入場)

お店のホームページ

MAHOROZA

さて、ご覧の様に大変フォトジェニックな高級感漂うまほろ座さん、そうですよ、ライヴハウスじゃなくて、ライヴ・レストランですから。ただ、我々としましてもそう高級感の漂うお店で演奏させていただく機会が多いわけでもなく、 リハーサル開始から約30分後、だめだ!何か演奏していても恥ずかしい!ということが気になり始めて暗礁に乗り上げてしまいました。
しかし、そこは長年のキャリア、岡地さんがひと言、「じゃあ、もうちょっとみんな固まって演奏してみよう!」ということになり、吾妻が一挙にステージ前っツラから1.5m後退して牧さんと早崎さんの間に入る、という作戦に出たところ、無事問題も解消。いつもの様に楽しく演奏することが出来ました。
一部と二部の間では、一周年記念のお食事券プレゼント、という抽選会があり、吾妻が抽選を担当しましたが、何故か思いっきりオーナーの中村さんに当たってしまい、衝動が抑えきれず、「出来レースだっ!!」と叫んでしまう一幕もありました。

danraku

8/13(土) 代官山 晴れたら空に豆まいて
吾妻光良トリオ+2
and ワダ とAndy
“真夏の夜のカリプソ地獄!”

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr)、早崎誌生(Pf)、湯川治往(Pc)
ワダマコト(Vo,Gt)、Andy(Cla,Sax)

 

OPEN 18:30 START 19:30

前売 3500円 / 当日 3800円 (+Drink 600円)

お店のホームページ

HAREMAME2016_1

さて、この日の演目はそもそもは現在は惜しくも閉店してしまった六本木の新世界で始まった企画、「カリプソ地獄」ですが、日本随一のカリプソ楽団の中核二名、ワダ君とアンデー、更に我々トリオ+2名、という布陣で、晴れ豆の10周年を祝う、というものでお祝いなのに「地獄」、という催事名で良いのか、というのも無くは無いですが、まあ、演ってしまったものは仕方ないですね。写真でワダ君が抱えているのは、バンジョー・マンドリン、吾妻が抱えているのは還暦で頂いたテナー・ギター、とちょっと変った楽器を持ち寄るのもこのセットの通例となり始めています。

HAREMAME2016_2

一方、こちらはステージで事務作業をしているわけではなく、スチールギターを弾いています。生まれ育ちが上品なせいか、足がきちんと揃っていたりするところに、ロック魂が感じられません。毎年、真夏になるとやたら弾くスチールですが、秋口になると途端に弾かなくなるので、どうにも上達しません。演目的には、ワダ君がマイティ・スポイラーの”Bed Bug”、生まれ変わったらノミになって君の血を吸いたい、ですとか、吾妻はリオ五輪にちなみLord Melodyの”Life in Brazil”、夏休みにちなんでリゾート気分のLance Haywardの”Montego Bay”などの新ネタを取り上げました。”Life in Brazil”はもう歌う機会は無いんだろうなあ。

HAREMAME2016_3

そしてカリプソだらけはいかがなものか、という労組からの提案もあり、最後は結局ジャンブ物で締め括り。やはり、ロック出ですからね。

danraku

7/23(土) 石巻 ラ・ストラーダ
吾妻光良トリオ

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr)

OPEN 19:00 START 19:30

前売 4000円 (D別) / 当日 4500円 (D別)

お店のホームページ

さて、これが二回目の訪問となるラ・ストラーダさん。さすがに二回目となると慣れたものでリハもちゃちゃちゃっ、と済ませて、復興著しい街中の飲み屋を散策。吾妻はどちらかというと「ホヤ」が苦手だったのですが、さすがは石巻、今まで嫌っていたホヤ臭さがほとんど無いホヤを3切れ一気に食べてしまいました。そして、終演後は相沢店長はじめ何人かで記念撮影。薔薇を喰わえている意味が良く判りませんね。
storada1

そして翌朝、仙台駅から牧と吾妻は新幹線で東京へ、岡地はバスで福島へ、と帰路につくわけですが、折角なのでやまびこ号のパネルを使って記念写真。年齢に関係なく楽しいものです。
storada3
storada2
danraku

2016.7.18(土)
?新木場スタジオコースト
吾妻光良
& The Swinging Boppers
RIP SLYMEさんの「真夏のWOW」
に呼ばれまして・・・・。

いや、それはもう新木場、などというところに来るのも初めてで、いったいどんなところか、と考える間もなく猛暑の中会場に着いて、ご挨拶してからしばらくするともうステージ。
summer_wow_1b
良く判らないまま上がったステージはこんなきらびやかなものでございましたが、演ってる最中は全然気がつきませんでしたなあ、はい。

summer_wow_1
本来は22時ぐらいから川べりでのウチアゲ・パーティーがあり、お誘いも受けていたのですが、明日を考えるとちと厳しいかな、ということでバンドの公式行動的には早退、でもそう滅多に来るところでは無いので、皆で記念撮影。
summer_wow_2
どう見ても初老の遠足クラブにしか見えませんが、まあ仕方無いでしょうな。最後は新木場駅下の居酒屋でウチアゲ、結局どこで演ろうと同じ写真で終了、ということになってしまいました。summer_wow_3

danraku

7/9(土) 高円寺 Jirokichi
吾妻光良トリオ+2

and Weeping Harp妹尾!!

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr)

早崎詩生(Pf)、湯川治往(Perc)

妹尾 隆一郎(Harp,Vo)

OPEN 18:00 START 19:30

前売 3500円 (D別) 当日 3800円 (D別)

jirokichi ホームページ

吾妻はもとより、今もローラーコースターに在籍している早崎、そして日本のブルース史において燦然と輝くブレイクダウンで活動してきた岡地、という三名は極東一のブルース・ハーピスト、妹尾隆一郎さんとの共演となると「三歩下がって師の影踏まず」というたたずまいで演奏せざるを得ません。

senoh_1

しかし、今年で67という年齢をまるで感じさせない妹尾さんはさすがです。昔の部下、的な立場の我々はつい妙に頑張ってしまうのですが、この舞台の右側に位置するジャズ出のベースさんとラテン出のパーカッションの方々は特にそういうこともなく、のびのびと演奏されていました。それはそれ、これはこれ、人生いろいろです。

senoh_2

danraku

7/2(土) 下北沢 Laguna
吾妻光良トリオ+1

8th anniversary special
<Jive Night!!!>

吾妻光良(Vo,Gt)、牧裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr)、湯川治往(Perc)

OPEN 18:00 START 19:00

前売 3000円 (D別) 当日 3500円 (D別)

ラグーナさん ホームページ

この夏初めて、と言っても過言ではない猛暑となったこの日、「アッチィー・・・・!」と悲鳴を上げながら一年ぶりにドアを開けた8周年を迎えるラグーナさん。するとその店内に鳴り響いていたのは・・・・

マ、マ、マディー・ウォーターズ!!!
そりゃあ確かに吾妻がここ下北沢に日々通っていた40年近く前はドップリとブルースに漬かっていたことは否定いたしません。でも「真夏にマディ」はあまりにも暑かった、ということだけ申し添えておきましょう。ラグーナさん、これからも暑く、熱く、頑張ってください。

danraku

過去の公演<2016・前半>

6/25(土) 横浜 サムズアップ

吾妻光良トリオ+2 & Leyona

吾妻光良(Vo,Gtr) 牧裕(Bass) 岡地曙裕(Drs)
早崎詩生(Pf) 湯川治往(Perc)

そして我らが歌姫、Leyona嬢! イェーーー!

何でもLeyonaのニューアルバムからの新曲が一曲披露されるとかされないとか?知らねーっ!(スラネーッ、と発音すること)オラ知らねーっ!

OPEN 17:30/START 18:30
前売 \3500/当日 \4000

サムズアップ
さんのホームページ

THUMBS2016_06_0

さて、トリオ+2では二回目、いや、三回目だったかな?良く判らないけれど、いずれにせよ最近になってお世話になる様になったサムズアップさん。一部は先ずいつもの通り我々だけで開始しました。

THUMBS2016_06_0

そして二部は、新アルバム「忘れちゃうよ」(おじさん達はそもそもこのアルバムタイトルが覚えられず。何度も”覚えてらんねえよ”と間違えて発音していました)完成間近で激忙しのレヨナ嬢をゲストに迎え、40~50年代のチトリン・サーキットの歌姫を迎えた週末の夜、みたいなゴージャスなライヴへと突入。その新アルバムの新曲やダイナ・ワシントンの名曲、という初挑戦もあったのにごく僅かなリハだけで乗り切るレヨナの歌姫ぶりには脱帽です。しかし、吾妻が珍しく白いジャケットを着ていますが、これにはワケがありまして・・・。

THUMBS2016_06_0

そうですね。昔のチトリン・サーキットといえば、歌姫を働くだけ働かせてギャラを搾取するバンマスが欠かせません。早崎君からグラサンを借りて、そういう悪いバンマスの役を演じてみたわけです。ただ、譜面が読めないのでグラサンは二曲で外しましたけど。あれ、ところでこのギター、何だろう?と思った貴方、いや、お目が高い!

THUMBS2016_06_0

実は、人生初のモニター、というかエンドースメント、というお話を頂きまして、この日初登場のトーラス・コーポレーションという会社のキングスネーク・ブランドの「デトロイト・フォー」というギターを弾いていたわけです。今後、またぼちぼち使っていくと思います。

danraku

6/11(土) 中野 ブライトブラウン

吾妻光良トリオ+2

吾妻光良(Vo,Gtr) 牧裕(Bass) 岡地曙裕(Drs)
早崎詩生(Pf) 湯川治往(Perc)

お世話になっているブルース喫茶、中野のブライトブラウンも、何といつの間にか18周年。地元のジュークジョイントでの気取らないライヴ、みたいになると楽しいですね。

OPEN 19:30/START 20:00
\2000 + ワンドリンク

お店のホームページ

B_BROWN

18周年を迎えたブライト・ブラウン。考えてみますといわゆる「ブルース酒場」として、しかもライヴをレギュラー的に実施しているお店が都内で18年続いているというのは大変なことであります。我々も日頃から本当にお世話になっているわけですね。

B_BROWN2

最近凝っている「トルバドール(吟遊詩人)スタイル」で客席を練り歩くとそこはまるでミシシッピのジュークジョイントの様なアットホームな雰囲気で、あ、失礼、そんなに粗末な店ではありません。皆さん、是非おでかけください。
danraku

2016.5.28(土)
渋谷クラブ・クアトロ
吾妻光良
& The Swinging Boppers

ゲスト:日本のJump/Jive王!

藤井康一
fujii

まだまだ空き席(立ち見ですが・・・・・・・)あり升!(5月23日現在)

 

開場17:00 / 開演18:00

前売 ¥4,000 / 当日 ¥5,000
ドリンク代別途500円

クアトロさんホームページ

さて、1979年から続けておりますバッパーズですが、初めて呼んだゲストはこの藤井君でした。藤井君達が「ウシャコダ」で世間を揺るがしたのは1970年代の後半ですが、その当時からの知り合い、というコネを使って何回もゲストに来てもらったものです。譜面もこれまでで4曲作っていますが、今回は新たに『最後のヘップスター』と異名を取ったYoung Jessieという人の”Bebop Country Boy”というゴリ押しめな曲に挑戦しました。還暦前後の人員ばかりの我々ですが、人間、やはりボケないためには新しいことへの挑戦が大切ですね。

そんなこんなでリハも終わり、近くの磯○水産に行こうとしたら、某W辺K蔵氏が、あそこの店は自分で焼くのがイヤだ!と騒ぎ始めて仕方なく名は体を表す、と申しましょうか近くの、Kの蔵、というところに行き、本番前のたしなみを開始しましたが、まだ4時過ぎだというのに普通のウチアゲと見た目だけでは判別できません。

2016_QUATRO_FUJII_PRE

ライヴは中国製のワイヤレスを多用したり、二部の冒頭に別ステージを用意したり、伊勢志摩サミット記念、ということを意識したり色々と細かい施策は投じたものの、そういつもと変るわけもなく、藤井君の存在に大いに助けられた日となりました。
QUATRO_2016_01
QUATRO_2016_02
QUATRO_2016_03
QUATRO_2016_04

そしてこちらは終演後、本格的なウチアゲの写真。
2016_QUATRO_FUJII_POST

先ほどの本番前のウチアゲと何が違うんだ、と言われても良く説明が出来ないわけです。大体こんな写真ばっかりになってしまうのです。ちなみにこの居酒屋さん、出来たばかりなのか、注文がまったく出て来ず、石焼チャーハンは注文してから1時間半後に、ノンアルコール・ビールは無いので買ってきますから待っててください、あ、ノンアルビール、もう一本ください、と頼んだら、「あ!さっき一本しか買ってないんですよ!」と言われて驚愕しました。あと一歩で歌が出来そうでした。

danraku

4/29(金) ~4/30(土)
トリオ+早崎
&トクゾーホーンズ 中部近畿縦断ツァー
だいぶ以前からお世話になったりお世話してたりする
小埜ちゃんほかトクゾーホーンズとトリオ+早崎による

中部、近畿の二大ライヴハウスを巡るツァーです。

吾妻光良トリオ+早崎
[吾妻光良(Vo.&Gt.)牧裕(Ba.)岡地曙裕(Drs.)早崎詩生(Pf)]
トクゾーホーンズ
[小埜涼子(as)石渡岬(tp)登敬三(ts)]

TOKUZO_TAKTAK_POSTER

4/29 Tokuzo  トクゾー アクセス

4/30 ? ? 磔磔   タクタク 地図

我々としては余り滅多に無い、地方興行のしかも2連チャン、更に小野ちゃん、岬ちゃん、登さん、という「今池ホーンズ」のお三方を迎えての催しです。バンド内では「中部・近畿縦断弾丸ツァー」と呼んで緊張感を持って現場に臨みました。先ずツァーの初日は名古屋トクゾー。小野ちゃんと岬ちゃんと演り始めてから既に10年ぐらい経っているのでしょうか。いつもオヤジ達につきあって頂けてありがたい限りです。
TOKUZO_20160429

こうしたライヴもずいぶん長くやっておりますが、まだまだ新しいアプローチは残されているもので、Babe Wallace という人の、”Whistlin’ at the Chicks”という曲ではヒューヒュー!と指笛を鳴らすという効果が必要なのですが、以前は結構指笛が鳴らせた岬ちゃんがすっかり音が出なくなってしまいまして困り果ててお客さんに聞いてみると何人かの方々が協力してくれました。特にひときわ大きな音でヒューヒュー!と鳴らしてくれたT崎さん、ありがとうございました。
whistle2

そして翌日、迎えたツァー・ファイナルは京都の磔磔。吾妻は学生の頃、ブルーヘブンで散々演らせて頂いたところでもありますが、懐かしいとともに諸先輩から色々な「ご指導」や「可愛がり」を受けたことも思い出されます。あの頃はペーペーだったなあ・・・・。そして、その頃からの同好の士、元ファッツボトル・ブルース・バンドのタンメン氏を迎えて3曲共演しましたが、正調カンサスシティ・スタイルのブルースをお届けできたのが幸せでした。また、どっかでこの編成でやりたいものです。
TAKTAK_2016_0430

の、の、登さんに腕だけの亡霊が???

danraku

4/23(土) 高円寺ショーボート
クリームかジミヘンか、はたまたグランドファンクか?
ギタートリオ3組の夜、しかも過半数は女性ですと!

吾妻光良トリオ
[吾妻光良(Vo.&Gt.)牧裕(Ba.)岡地曙裕(Drs.)]
パンチの効いたブルース
[マダムギター長見順(Vo.&Gt.)かわいしのぶ(Vo.&Ba.)GRACE(Vo.&Dr.)]
SHOKA OKUBO BLUES PROJECT
[大久保初夏(Gt.&Vo.)芹田珠奈(Ba.&Vo.)其原誠元(Dr.&Vo.)]

open 18:00 / start 18:30  前売 ¥3800 / 当日¥4300
お店のホームページ

まだ、若さ満載の初夏ちゃんバンドに始まり、脂の乗った中年女性バンドの「パンチ」、そして後期中年者を通り越して初期高齢者へと踏み出そうとする我々、終了後楽屋で記念写真を、と思ったのですが、初夏ちゃん達が見当たりません。年を取ると気が短くなりますもので・・・、

showboat_dressroom

初夏ちゃん達抜きで記念撮影、となりましたが、何ともまあ見事な中年女性軍団と高齢者男性集団による、相当濃い写真になってしまいました。初夏ちゃん達はこれを見て一緒に写りたくなくなかったのかも知れません。

danraku

4/9(土) 吉祥寺サムタイム
SOMETIME 40th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE!!

吾妻光良トリオ+1 with 井上さん(Sax)
吾妻光良(Vo/Gt.),早崎詩生(Pf),牧裕(Ba.),岡地曙裕(Drs.)]
井上 “JUJU” 博之
入れ替え無し2ステージ 1st-start 19:45/2nd-start 21:30  
LIVE CHARGE 4000円
お店のホームページ

40周年記念イベント、ということはそれこそ我々が大学生の頃からある老舗のジャズクラブですが、こうして出演するのは生まれて初めて、でございました。果たして爆音でやったらつまみ出されたりしないのか、ジャズをいっぱいやった方が良いのではないか、色々猿知恵を振り絞りましたが、どれもそううまくは行かず、結果としてはいつも通りの様なライヴでお茶を濁してしまいました。見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

danraku

2016年3月26日(土)

六本木 新世界
吾妻光良トリオ+2 with
ワダマコト&アンディ(アンドウケンジロウ)Vol.3
吾妻光良(Vo, Guit)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs)、早崎詩生(Pf)
湯川治往(Perc)、ワダマコト(Vo,Guit)、アンディ(Sax,Cla)

惜しまれつつもクローズする「音楽実験室新世界」での最後のカリプソ地獄の夜!

開場/18:30    開演/19:30
ご予約:3500円(税込)+ドリンク代   当日:4000円(税込)+ドリンク代

お店のホームページ

前身である六本木の「自由劇場」は吾妻が高校生の頃に校内の何バンドかと一緒に出演したこともある、何とも古くから知っている小屋ですが”新世界”、としての運営は3月で終わり。ワダ君達とのカリプソ地獄もここ新世界で始まったセッションでした。本来なら終り行く新世界をなつかしみながら、優雅に締めくくりたかったところですが、なかなか演目も覚えるのが大変で写真を撮るのも忘れてしまいました。

しかし、持つべきものは友人や知人、後日TさんやW田君の協力を得て当日の音源と僅かな写真をゲット致しましたので、大変異例なことでございますが、ここにyoutube風にアップさせて頂きましょう。え?著作権は大丈夫なのか?ご安心ください。1910年代とか20年代の大変古い曲ですので既に著作権切れなのであります。

カリプソワルツ・メドレー
danraku

2016.3.20(日)
東京ビルボード
吾妻光良
&? The Swinging Boppers

1stステージ開場? 15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30

サービスエリア 6,000円?? カジュアルエリア 4,500円

東京ビルボードのホームページです
201603_BB_1
今回で二回目となる六本木ビルボード。大人のライヴハウスということもあり、吾妻と牧さんもいつもより高級感にあふれるシチュエーションでステージドリンクなどたしなんでおりましたら・・・、あああっ!知らないうちにワイングラスが床に転落して・・・!
201603_BB_2
お店の人、といいますか、PAモニターの技術者Sさんにそれを片付けていただくという体たらく・・・。牧さんは本当に申し訳なさそうにしているのですが、吾妻が何か妙に偉そうなのがチョー印象悪いです。
201603_BB_3
この日もマウントレイニアに続いてアンコールはロックテイスト、牧さんはギルドのエレキベース、吾妻は白いストラト、楽団内の随所から『カッコ悪ぅ~』『似合わねぇ』という声が上がっていました。
201603_BB_4
また、この日は名取さんの語りも絶好調で多くのお客様の賞賛を浴びていました。インクスポッツの方々も草葉の陰で喜んでいるのではないでしょうか。
201603_BB_5
大体、どこでも楽屋の写真は似てしまうのですが、本来はもう少し高級感にあふれた家具配置をわざわざ居酒屋風に置き換えて、終了後は頂き物のシャンペンを開けて乾杯する我々でありました。

danraku

2016年2月27日(土)

?『三鷹バイユーゲイト10周年FEST!』
吾妻トリオ+1
?吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)、
湯川治往(Perc.)

会場:吉祥寺 club SEATA
(http://seata.jp/access.html)
開場 15:30? /? 開演 16:30
料金:前売3,500円/当日3,800円(+1 drinkオーダー)
問合せ:nanpooh@bayougate.voxx.jp
出演:吾妻光良トリオ+1/町田謙介/W.C.カラス/ROIKI/コージー大内
????????? /はいからさん/ザディコキックス/オイカワトモアキ
?????????? /GOLDEN WAX ORCHESTARA/Los RoyalFlames
開演前のbar time act:Berry
bayou10th
火事からよみがえったバイユーゲイト、その十周年を祝う、ということもあってバイユーにゆかりのある出演者の方、お客の方で会場は大にぎわい、さながら「バイユー・ブルース・フェスティバル」という雰囲気でした。ただし、リハ終了から本番開始まで、たっぷり5時間以上、しかも悪いことに会場の隣があの焼き鳥「いせや」の支店、こ、こんなに長いこと飲んでたら死んじゃうよぉ、という弱音も聞かれましたが、何とか楽屋ではたしなむ程度の酒量に抑え、適宜吉祥寺散策なども織り交ぜて無事、全品300円の中華屋ウチアゲまでたどり着きました。なかなか凄い面子です。

BAYOU_10th_Party

町田君がしみじみと、『いやあ、昔はこういう集いでは若手だったんだけど、最近は結構年上の部類なんですよねえ』と語っていて、あれ?と周りを見ると、間違いなく吾妻(とそして無論、牧さんも)が最年長でありました。ま、還暦前最後のライヴでしたからね。

danraku

2016年2月20日(土)

高円寺 JIROKICHI

Drinkin’ Hoppys / 吾妻光良トリオ+2

Domestic Jump Blues vol.7・吾妻さん祝還暦企画
~YKKといってもファスナーじゃないよ、厄年・還暦・還暦だぁ~

吾妻光良(Vo,Gt)、牧 裕(Bass)、岡地 曙裕(Drs)
早崎詩生(Pf)、湯川治往(Perc)

【Drinkin’Hoppys】
富山浩嗣vo,g 新間功人b 関勇亮dr 井上惇志pf 近藤研也as 鈴木浩介as 浦野紘彰ts
山田竜輝bs 大槻寿彦tp 舟町友里tp 荒井和弘tb 菊谷りさtb<ゲスト>久一麻衣子vo

前売 未定 / 当日 未定 +1drink

お世話になっているjirokichiのホームページ

サークルこそ違いますが、吾妻や牧の大学の20年近く後輩にあたる富山君の粋なはからいで、催された記念イベント(?)雨風も強く寒い日ではありましたが、多くの方々にお越しいただきました。当初の富山君の構想は一部が彼らドリンキン・ホッピーズ、二部が我々というものでしたが、早く行くのは嫌だ、終わったらすぐに飲み始めたい、というメンバーの声と年功序列の効力で、トップバッターは我々、後半のホッピーズのステージでは3曲共演させて頂きました。

tomiyama_andtrio

hoppies_andme

そしてウチアゲに入りますと、何故か突然真っ赤なピアニストがピアノに向かい大音量で”Happy Birthday to You”を叩き始め・・・

DSC_1またもやJirokichiの皆さんからケーキの差し入れをいただき・・・

DSC_2そしてトリオ+2のメンバー達からはバースデー・プレゼントを頂きました。

DSC_3プレゼントの中身は、チューニング・メーターと譜面台なんかにつけられるLEDライト。もっとちゃんとチューニングしろよ、きちんと譜面見て間違えるんじゃないぞ、ということなのでしょう。頑張ります。  そして実は富山君からは信じられないプレゼントを頂きましたが、その話はまたいずれ。

birthday_gift

danraku

2016年2月6日(土)

大阪府高槻市ナッシュビルウェスト

吾妻光良トリオ

吾妻光良〈Vo,Gt〉、牧 裕(Bass)、岡地 曙裕(Drs)

前売3,500円?? /? 当日4,000円? +1drink(500円)

お店のホームページ

takatuki

初めてお邪魔した高槻、そして壁一面に国産ビザール・ギターが飾られた ナッシュビル・ウェストですが、多くの方にお運び頂きありがとうございました。楽しいウチアゲも終わり、新大阪から一駅の南方、というお宿に乗りなれない阪急電車で向かいますが、ほぼ終電ですので間に合うかどうかが不安な三人でもあります。

takatuki_1

いや、良かった良かった、無事に駅にたどり着きまして、お店の方からお土産にワインもいただきもうすっかり上機嫌であります。

takatuki_2

しかし、よくよく見てみると・・・

takatuki_2b

ギ、ギターは、ど、どこに?

何ともお恥ずかしいことにナッシュビル・ウェストさんに、置いてきてしまったのでした。同行していたお客さんに連絡を取っていただきまして翌日・・・・。

takatuki_3

お店の川辺さんに自転車で届けていただきました。

takatuki_4

ありがとうございました、ナマステー!!

danraku
2016.1.30(土)
?渋谷マウントレイニアホール
吾妻光良
& ?The Swinging Boppers

性懲りもありませんが、またやります!!雪が降らないことを祈るばかり的
<座って見よう、バッパーズ新年会ライブ?!2016>

開場17:30 / 開演18:30

前売 ¥5,500??? /? 当日 ¥6,000(税抜)
全席指定(ドリンク代別途500円)

会場ホームページ

主催・ホットリバー・レコーズのホームページ

この日は色々なことがありました。先ず、開演前にお客さんが尋ねてこられた、というので出向いてみるとスカフレイムスからのお二人。何でも昨年末のライヴの御礼に、ということで何やら頂きものをしてしまいまして。

SKAFLA_PRESENTS_1

これはいったい何だろう?と楽屋で開けてみますと・・・

SKAFLA_PRESENTS_2

何とスカフレイムスさんと我々の名入りクッキー・・・!

SKAFLA_PRESENTS_3

ドモコの様に喜びはしゃぐ我々でありました。

そして本番は牧さん還暦記念、”いつまでも 持てると思うな ウッドベース”、ということで、将来に備えて電気ベースを使って二曲ほどロック・コーナーを展開。

まったくこう似合いませんな。
MAKI_EB

danraku

2016.1.16(土)
大阪ビルボード
吾妻光良
& The Swinging Boppers

1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30

サービスエリア 6,000円 カジュアルエリア 4,500円

大阪ビルボードのホームページです
2014年以来、二回目の大阪ビルボード。三時までリハをやる筈があっという間の二時に終わってしまい、時間をもて余した我々は、渋谷クアトロに引き 続き、本番前の「部屋飲み」に突入。話題はもっぱら年金と支給開始年齢の話でありました。

osaka_BB201601_1

ビルボードの皆さんの話では開演前からガブガブ飲む、というバンドは余りいない、ということで一瞬は申し訳なく思った我々ですが、ウチアゲではすっかり上機嫌。多くの友人達にも来て頂きまして新年からありがたいことです。

osaka_BB201601_2

 

danraku

2015.12.26(土)
渋谷クラブ・クアトロ

スカ・フレイムス 30周年記念イベント
THE 30th Anniversary Special Show
に35周年の我々もゲスト参戦です。

開場 18:00 / 開演 18:00
 記載通り。開場するとDJが始まります

前売り \4,000+1Drink / 当日 \4,500+1Drink
 ※ドリンク代500円
クアトロさんホームページより

スカフレイムスの活動歴30周年記念ライヴでは、最後は大人数
のセッションなどもあって、楽しい2015年の締めくくりとなりました。

リハと本番の間の時間と、我々のライヴからセッションまでの間の
時間がありましたので、異例の「部屋飲み」を敢行致しました。

SKAFLA_PARTY
danraku

2015.12.19(土)高円寺 Jirokichi
  吾妻光良トリオ+2 2015年LIVE納め
藤井君を迎えて

   吾妻光良 Vo,g 、牧裕 Wb、 岡地曙裕 Dr、

   早崎詩生 Apf、 湯川治往 Perc

<ゲスト>藤井康一vo.sax.uku

料金 前売:3500円+1ドリンク
当日:3800円+1ドリンク

   それはもう、お世話になつてる次郎吉さんのHP

久々に日本のジャンプ/ジャイヴ王の藤井君をお迎えしての小編成
ライヴ納め。藤井君とのダブル・ティプレ作戦コーナーなども取り入れ

なかなか楽しゅうございました。そして多くの方々にお越し頂きまして
ありがとうございました。そんな中、終了後のウチアゲではお世話に
なっている次郎吉さんに、またまたお世話になってしまい牧さん還暦
祝い、ということでケーキなど頂きました。

maki_60th

牧さん、よかったな!(『全日警CMのカネやん風に)

danraku

2015.12.12(土) 三鷹バイユーゲイト 

『11年目のバイユーヘ!企画?祝10周年!LIVE』
吾妻トリオ+1

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)、
湯川治往(Perc.)

昨年末の延焼で中止となったライヴから一年ぶり!
戻ってきたよ、バイユーへ!

20151119bayou屋根に足場

昨年末の隣家の火災から復興に向かうバイユーゲイト。
夜空に映える『白木屋』の文字が何とも男らしい。

開場 19:00 /開演 20:00
料金: 2000円+1ドリンク

お店のフェイスブック

ようやく延焼事故の修復作業も本格化して、この日は二階の破れた屋根
も張り変わったそうです。そして牧さんは60代になっての初ライヴを

堪能していました。何しろ近所ですからね。

danraku

2015.12.5(土) 横浜 Thumbs Up
吾妻トリオ+2 with Leyona

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)、
早崎詩生(Pf)、湯川治往(Perc.)

ゲスト Leyona(Vo,Guit)

開場 18:30 /開演 19:30
 前売 \3500 当日 \4000 &ドリンク

お店のホームページ

街はまもなくクリスマス、という中レヨナさんにKay Starrの珠玉の
名クリスマスソング、
“December”を歌っていただき、おじさん達は感激であります。
ちなみにジステンバー、は犬の
病気ですから間違えないでくださいね。
牧さん50代最後のライヴということもあり(?)
多くの方々にお出でいただきました。ありがとうございます。

danraku

2015.11.14(土)広島 スマトラタイガー
   吾妻光良トリオ

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)

開場/19:00 開演/19:30

料金 3500円+1ドリンク

初の広島でのトリオ演奏に、多くのお運びありがとうございました。
三宅さん、お世話になりました。もう当分、粉もんは食べられません。

お店ホームページ

danraku

2015.11.7(土)浜松 ビスケットタイム
         吾妻光良トリオ

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)

開場/18:30 開演/19:30

料金 予約:4500円+1ドリンク
当日:5000円+1ドリンク

3回目のビスケット・タイム、今回初めて牧君がウッドベース
で参加しました。浜松駅への往復で車を出していただいた
加藤さん、ありがとうございました!ところで、”浜松餃子”
何故にモヤシなのでしょうか?

お店ホームページより

danraku

2015.11.2(月) 吉祥寺 QUATTRO LABO

        1st Anniversary

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、湯川治往(Perc)

    Open 19:30 / Start 20:00

     前売\2,000 / 当日\2,500 +drink \500

深まる秋の一夜、落ち着いたレンガ壁の響きのなか吾妻は近所に住む
93歳の伯母が見にきてくれて元気さに感心し、牧は朝から代休で
ゆっくりと休日を満喫し、湯川は串カツを食べながら終電ギリギリで
帰宅
いたしました。

「クアトロラボ一周年記念ライヴ」のページへ

danraku

2015.10.31(土)
横浜 クリフサイド
吾妻光良
& The Swinging Boppers

創業69年の歴史を誇る横浜元町のダンスホール、
クリフサイド、なかなか趣きのある場所でした。
多くの方々にお越しいただきありがとうございます。

clifside

clif_stage1PHOTO by Ryuichiro Tanabe

そして、ウチアゲの秀味園、名店であります。

飲み放題つき3000円コース(税込)バッチリでした。

クリフサイド・ホームページ
    神奈川県横浜市中区元町2?114
    ?:045(641)1244
    *首都高速横羽線/横浜公園出口より5分
     (駐車場有り)
    *JR京浜東北線(根岸線)石川町駅より徒歩10分
[開場]15:15
[開演]16:00?18:20(予定)
[料金]6,500円(税込)*着席250席
[協力]岩神六平事務所
[主催](株)ピンポイント 0463-26-6671
*全席自由席(受付番号順に入場)

danraku

2015.10.3(土)代官山 晴れたら空に豆まいて
?しかしまあ、なんだか秋なのでJiveなのかな?吾妻光良トリオ+2

吾妻光良(Vo., Guit.)、牧裕(Bass)、岡地曙裕(Drs.)、
早崎詩生(Pf)、湯川治往(Perc.)

開場/18:30 ? ?開演/19:30

料金
? ? ? ? ? ?予約:3500円+ドリンク代(600円)
? ? ? ? ? ?当日:3800円+ドリンク代(600円)

晴れたら空に豆まいてホームページ
http://mameromantic.com/?p=37431
danraku

2015.9.20(日)福島県南会津町 大宴会in南会津
吾妻光良トリオ+早崎

出演: Ann Sally/bonobos/おおはた雄一/DJみそしるとMCごはん/
吾妻光良トリオ+早﨑/clue/トーテムロック/

時間: 開場10時 開演11時 閉演18時30分予定
※雨天決行、荒天中止

料金: 前売り4,800円/当日5,800円/高校生2,000円
(当日受付にて学生証を提示)
※中学生以下(要保護者の同伴)70歳以上は無料。

住所: 会津山村道場うさぎの森オートキャンプ場

danraku

2015/9.19(土)会津若松 風街亭
吾妻光良トリオ+早崎

出演: 吾妻光良(Vo., Gt.)、牧 裕(Bass)、
岡地曙裕(Dr.)、早崎詩生(P)

時間: OPEN19:00 START19:30
料金: 前売 ¥3000 当日 ¥3500 ※ドリンク代別途500円
住所: 会津若松市中央1丁目1-40 / TEL 0242-24-9874

danraku